口臭予防に効果のある歯磨き粉とはどんなものですか?

口臭予防っていうと、思い浮かぶのはマウスウォッシュだったりガムやタブレットだったりするよね。

でも、特別なものを使わなくても、いつもの歯磨き粉を口臭予防効果の高いものに変えるだけで、口臭予防になるんだよ。

歯磨きは毎日するものだから、歯磨き粉で口臭予防になるなら忘れる心配もないしね。

まずは、口臭予防のための歯磨き粉の選び方から。

①フッ素配合
フッ素って、虫歯予防のためのものなんじゃないの?と思うかもしれないけど、それだけじゃないんだな。

フッ素の効果は、虫歯菌による酸の生成を抑えてくれることと、酸によって溶けた歯の表面のカルシウムと結びついて、再石灰化を進めてくれること。

歯を強くしてくれる効果もあるんだよ。

そうすると、歯にプラークが溜まりにくくなって、結果的に口臭予防になるの。

②研磨剤はそんなに重要じゃない
研磨剤には、歯の表面のざらつきを無くしたり、ステインを落として歯を白くする効果があるよね。

口臭予防に関してはそれほど影響する成分じゃないから、入っているかいないかは好みで選んでOKなんだけど、
歯が黄ばんでいると実際には口臭がしなくても、なんとなくしそうなかんじには見えちゃうかも……
歯を傷つけない程度の研磨剤は、私は入っている方が好みかな。

③合成界面活性剤には注意
合成界面活性剤っていうのは、要するに歯磨き粉の泡立ちを良くするものね。

歯磨き粉が泡立たないと、磨いている感じがしないよっていう人は多いと思う。

私もそう。

だけど、泡立ちすぎると(合成界面活性剤が多すぎると)唾液が少なくなっちゃうんだって。

唾液には口の中の洗浄効果、消臭効果、殺菌効果がある、最も天然の大切なマウスウォッシュだから、これが減るのは口臭予防には痛手。

歯磨き粉は泡立っても泡立たなくても効果は変わらないらしいし、泡立たない方が長く歯磨きができるからいいっていう人も多いんだよね。

口臭予防のためには、合成界面活性剤は無い、もしくは少ないものの方がいいみたい。

④強い香料にも注意
マウスウォッシュでもそうだけど、最近はナチュラル志向も手伝ってか強い抗菌剤を使わないで、植物性のポリフェノールやハーブエキスを成分に用いることが増えてきてるみたい。

安心感はあるけれど、薬用のものに比べて抗菌作用も消臭作用も弱いものが多いの。

それをカバーするために、においの強い香料でマスキング効果を高めるものがあるけれど、口臭が強い場合、においが混ざってかえって臭くなっちゃう場合もあるんだって。

だから、あまり強い香料が入っているものはNGね。

調べていて、個人的に気になった具体的な口臭予防向け歯磨き粉は、
「マスティック&アロマ」(天然ハーブの効果できれいな息長続き。

悪玉菌を殺菌して善玉菌を促進。


「セラブレストゥースジェル」(歯磨きだけじゃなく、舌の汚れも落とす。

酵素の力で口臭予防。


「爽臭 なた豆はみがきプラス」(歯垢を取りながらお口のネバネバを解消。

子どもでも使える。


の三点。

口臭予防効果だけじゃなくて、使った感触とかでも自分に合っているかどうかは変わってくると思うから、いろいろ試して自分に合うものを見つけていこうね!

口臭対策におすすめの歯磨き粉はありますか?

ドラッグストアとかに行くと、歯磨き粉って本当にたくさんの種類が出ているよね。

それに値段もピンキリで、どれを選んだらいいのかよくわからなくなっちゃう。

私、前は歯磨き粉って、要するに口の中に香りを付けて、サッパリさせるものだと思ってたんだよね。

だから、歯周病予防に、とか、ホワイトニングに効果あり、とかパッケージに書いてあってもあんまり信用してなくて、どれ選んでも同じでしょって思ってたの。

でも、どうも歯の黄ばみが気になって仕方がないときがあって、歯医者でホワイトニングするのはお金がかかるし、
ダメもとでホワイトニング効果ありっていう歯磨き粉を使ってみたんだ。

そうしたら、1週間くらいでほんとに歯が白くなってきたんだよ。

当たり前のことかもしれないけど私感動しちゃって、口臭対策向けの歯磨き粉を使えば本当に口臭対策になるんだ!

って、早速使い始めたの。

ドラッグストアで売っている手軽に手に入るものから、通販で取り寄せた高価なものまでいろいろ試してみたんだけど、やっぱり高価なものはそれだけ効果が高い!

口臭対策にってうたっていても、安価なものは結局臭いの原因をたたく成分が入っていなくて、口臭を香りでマスキングするだけだから、根本的な解決にはならないんだよね。

歯磨き粉を選ぶときのポイントは、成分をよく見ること。

口臭対策に向く歯磨き粉の成分をいくつか挙げるね。

まずは、「シクロデキストリン」。

口臭の原因になる硫黄化合物の臭いを抑えてくれるんだって。

硫黄化合物は、寝ている間に細菌が作り出す成分なんだよ。

朝起きたときに口が臭うのはこのせいなんだね。

次に、「ヒノキチオール」。

シダなんかの植物から抽出される成分で、抗菌作用があるんだって。

歯磨き粉だけじゃなくてマウススプレーにも使われているらしくって、それだけ口臭を抑える効果があるってことね。

それから、「イソプロピルメチルフェノール(IPMP)」。

歯周ポケットの奥の方までしっかり浸透して、歯周病菌を殺菌してくれるから、口臭対策としても効果があるらしいよ。

他にも、殺菌効果がある成分は「グルコン酸クロルヘキシジン」「ラウロイルサルコシンナトリウム(LSS)」
「塩化セチルピリジニウム(CPC)」「トリクロサン(TC)」・・・といろいろあって、その歯磨き粉によって使われている成分が違うの。

あんまり成分表とかまじまじと見ないかもしれないけれど、どんなものが使われているのか見比べてみると、口臭対策の参考になるよ!

あくまで私見だけど、数百円で買える歯磨き粉は、あんまり口臭対策効果がないかな・・・
けど、一本何千円もするものは、成分の内容としては殺菌効果が特に優れているというよりも、
そのメーカーオリジナルの、特別なものが入っているっていう印象だったかな・・・例えば、すごく高価で希少なバラのエキス、とかね。

個人的には千円前後のもので満足してる。

歯磨き粉は、ちゃんと選ぶと口臭対策の強い味方になってくれるから、いろいろ試して合うものを見つけてみてね!

「口臭対策」の情報掲載ページのご紹介

「口臭対策」の情報掲載ページを作っています。

ご興味があれば、口臭対策の情報掲載ページの記事をご覧下さい!

口臭対策や口臭予防、口臭サプリメントなどのさまざまな情報をまとめているので、きっと参考になると思います。