107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

必見※口ねばつき対策の決定版!口臭対策の王道を一挙公開!

口臭対策
あなたも、この記事を読まれているという事は、口のねばつきが口臭の大きな原因であるという事にお気づきなのだろうと思います。

そして、口のねばつき対策こそが最大の口臭対策になるのだと行く事も!・・・当然、ご存知なのだろうと思います。

では、その口のねばつきを取る方法については、詳しくご存知でしょうか?

水を飲む!・・・もちろん、それも手っ取り早い方法ですが、水を飲んでも、すぐにまた口がねばついてしまったような経験はありませんか?

実は、水を飲むだけでは、一時的に口内を潤すことを出来ても、あまり長く口臭を抑える効果を期待することができません。

口臭を強く押さえ込もうとするのであれば、自分自身の良質な唾液で、口内を潤して、口のねばつきを取る必要があるんです。

今回は、自分自身の唾液で口内を潤して、口のねばつきを取る方法が口臭対策の王道であるという事の説明と、その効果的な実際の方法について紹介してみたいと思います。

口ねばつき対策が口臭対策の王道であるという理由

口臭対策
まず、口臭の原因には、誰もがもっていて日常的に発生している「生理的口臭」と、歯槽膿漏や虫歯や肝臓病などの病気が原因の「病的口臭」、そして、食品などによる「一過性の口臭」があります。

さらに、それだけでは説明がつかない口臭の原因として、消化器官の不調や体調不良などから起こる「その他の口臭」の4つの原因の種類がある事を理解してください。

これらの中で、「病的口臭」と「その他の口臭」への対応については、日常から健康や体調に気をつけるしか方法が無く、また、もしそのような原因があれば、治療や長期的な対処が必要です。

あと、「一過性の口臭」については、ニンニクやアルコールなどのような原因となる食品を食べなければ大丈夫です。

つまり、今回の設定としては、病的口臭やその他の口臭の心配も無く、また、一過性の口臭の原因となるような食事もしていないことが前提となるんです。

さらに付け加えれば、生理的口臭への対策でもキチンと歯磨きなどの口内ケアーも出来ているのに、何故か?・・・、口のねばつきのせいで発生してしまう口臭についてのお話となります。

ここまでのところが解っていないと、「木を見て森を見ず」という状況になり、口臭対策について勘違いしてしまいますので、注意してくださいね。

もう少し説明すると、口臭で悩まれている人は、元来、口臭が気になるのでキチンと歯医者さんなどにも定期的に通い歯磨きなども丁寧に行い食事などにも注意している人が殆どです。

きちんとしているのに何故か口臭が起こってしまうという人が大半なんです。

そして、そのような、あなたにこそ、口のねばつきが口臭の大きな原因であると言い切れるんです。

ここまでで、今回、口のねばつき対策が口臭対策の王道であるという理由がご理解いただけたでしょうか?

・・・だって、もし口臭が出ているなら、他のことはキチントできているんですから、あとは、今の口のねばつきくらいしか口臭が出る原因が無いではありませんか?

そして、実際にも、口のねばつぎが口臭の大きな原因であることは医学的にもはっきりと解っています。

それも合わせて考えれば、あなたにとっては、今の口のねばつきくらいしか口臭が出る原因が無い中で、口のねばつき対策を行なうわけですから、すなわち、それが、あなたにとっての口臭対策の王道となるわけなんです。

では、何故、口のねばつきが口臭の大きな原因なのでしょうか?

そのあたりについて、キーポイントとなる、口内の唾液の性質などについても紹介しながら説明してみたいと思います。

良い性質を持った漿液(しょうえき)性唾液とは?

口臭対策
まず、口内がねばねばとは正反対のサラサラの唾液でたっぷり満たされている場合を考えてみましょう。

このような状態の時には、誰もがもっていて日常的に発生している生理的口臭がものすごく発生しにくい状態になっています。

それは、そのようなサラサラの唾液はすごく強い消臭効果を持っているからなんです。

いろいろなにおいの有るものを日常的に食べているのに、何故、口から生ゴミのような臭いが出ないのでしょうか?それは、唾液が強い消臭能力で臭いを消してくれているからです。

この理由も、医学的に解明されていることで、まず、唾液には2種類のものがあり、その内、酸素を十分に含んだサラサラの唾液漿液性唾液と読んでいます。

そして、もう片方の、酸素の含有量の少ないねばねばの唾液粘液性唾液と読んでいます。

漿液性唾液も粘性唾液も分泌された時点では、同じ口内ですから同じような構成で細菌や微生物などの有機成分やナトリウムやカリウムなどの無機成分などを含んでいます。

そして、酸素を十分に含んだサラサラの唾液を漿液性唾液の場合には、酸素がたっぷりあり水分も十分もある条件化では、そのような細菌や微生物などは強い消臭効果のある有酸素反応を多く起こしてくれます。

その反応は、俗に言う「発酵」的な反応となり、悪臭成分を分解し、また、唾液中に有る血清アルブミンやムチン・リゾチームやナトリウム・カリウムなどの効果と相まって、継続して口内の臭いを消してくれます

つまりは、このような唾液自体が強い消臭効果を持っているので、口内をサラサラの漿液性唾液でたっぷり満たされている状態にする事が、口臭対策の王道なんです。

このように考えると、口のねばつき対策をして口臭対策を抑えるには、水分を補給して口内を潤すと言うのではなく、口内に漿液性唾液をたくさん分泌させて、口内をサラサラの唾液で潤すことこそ重要だとおわかりいただけると思います。

悪い性質を持った粘液性唾液とは?

口臭対策
では次は、口がねばねばの状態について考えて見ましょう。

当然、単なる水分不足で口内が乾いて口がねばねばになっているという事も、激しいスポーツの後などには有るとは思いますが、一般に口がねばねばになると言う状態は、以下のような状態です。

・交感神経が高ぶると、サラサラの漿液性唾液の分泌は阻害され、ねばねばの粘液性唾液が多く分泌されます。

・交感神経が高ぶる原因として緊張感やストレスの場面が考えられますが、そのような場面では、唾液自体が少なくなるドライマウス的な症状も発生します。

・両方重なり、ねばねばの唾液で、しかも唾液自体が少なくなるドライマウス的な症状となると、唾液は無酸素に近い状態になり、無酸素反応が優位になります。

このような状態で、口がねばねばとなった場合、口内の細菌や微生物などの内の無酸素反応に強いものの活動が大きくなり、そしてそのような無酸素反応は悪臭を多く発生します。

その反応は、俗に言う「腐敗」的な反応になり、口内の状態も酸性的な方向に傾き、さらに、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどなどの悪臭成分を発生します。

このような状態で、水を飲んだ場合、一時的に口内が中和され、臭いのものも洗い流されますが、根本的な原因となる、交感神経の高ぶりやドライマウス的な症状が緩和されなければ、すぐにもとの状態に逆戻りです。

ですから、単に水を飲むと言うだけではなく、さらに、粘液性唾液の分泌を抑え、その上で、漿液性唾液を多く分泌させるような手立てが必要になってくるんです。

そして、このように、悪い性質を持った粘液性唾液が分泌され、口がねばねばとなるような場面としては、会議で発表する直前で緊張している時や、会社の上司と話したりデートの最中の時などのように興奮・緊張をしている時など多くのシチュエーションがあります。

いずれにしても、口がねばねばの状態になったら、口臭にとって悪い性質を持った粘液性唾液を口内にとどまらせないようにいつもイメージして、さらに、漿液性唾液を多く分泌させるような口内のケアーを行うことが大切ですね。

口のねばつき対策の効果的なやり方

口臭対策
では、粘液性唾液の分泌を抑えて漿液性唾液を多く分泌させる方法にはどのような方法があるのでしょうか。

まず、漿液性唾液は副交感神経が活発に働くと多く分泌される事がわかっています。

また、粘液性唾液は交感神経が活発に働くと多く分泌される事もわかっています。

あと、ドライマウス的な症状は緊張やストレスがもとで起こることがわかっています。

すでに、口がねばねばの状態になってしまったと考えて、この事を組み合わせて考えると、口のねばつき対策の効果的なやり方は、以下のようになります。

1・まずは、口内を潤す意味も含め、緊張やストレスをゆるめる意味でも、ドライマウス状態を解消するために、口内に水分の補給を行なう。

2・交感神経を静め、粘液性唾液の活発な分泌を抑えるような行動を行なう。

3・副交感神経を活発に活動させ、漿液性唾液の分泌を促すような行動を行なう。

このようになります。

ここで、もう少し詳しく、それぞれについて説明すると、

1・まずは、口内を潤す意味も含め、緊張やストレスをゆるめる意味でも、ドライマウス状態を解消するために、口内に水分の補給を行なう。

これは、単に水を飲むと言うのではなく、既に活発に無酸素運動を行なっている細菌などを沈静化させ、さらに、それを飲むことで、交感神経を静め副交感神経を活発に活動させるような成分を含む飲み物を飲むのがより効果的です。

具体的には、カテキンなどの抗菌性を持った成分を含むものとか、酸性化した口内を中性化に近づけるものとか、ハーブなどのように副交感神経を活発に働かせる効果のあるようなものの中から、あなたに合ったものを選ぶのが最善です。

そのような飲料はたくさんありますので、その中からあなたの好みの飲料をいつも携帯ポットなどに入れて持ち歩けば、かなり強いあなたの口臭の味方になってくれるはずです。

ただ、そのような飲料の中には、時折、カフェインなどのように、利尿作用があり、口内を乾かせる可能性の高いものもあるので、含まれる成分については良く調べて決める必要があります。

2・交感神経を静め、粘液性唾液の活発な分泌を抑えるような行動を行なう。

交感神経を沈める方法はいろいろあります。

その殆どは、精神的な効果を期待するものが多く、その効果は種類ごとに個人差はあるのですが、いずれかの方法の内、どれかは確実に効果がある方法ですので、いろいろ試して見つけておくと役立ちます。

あと、一般に、交感神経を鎮める方法と副交感神経を活発に活動させる方法はほぼ同じやり方で行なえる事がわかっています。

3・副交感神経を活発に活動させ、漿液性唾液の分泌を促すような行動を行なう。

副交感神経を活発に活動させる方法もいろいろな方法があります。

前記で説明したように、一般に、交感神経を沈める方法と副交感神経を活発に活動させる方法は、ほぼ同じやり方で行なえる事がわかっています。

気持ちを落ち着かせてリラックスし、緊張感を取りストレスを遠ざける事で、交感神経を沈め副交感神経を活発に活動させる事が出来ます。

これらのことを平行して行なえば、口のねばつき対策が効果的に行なえるので、それが、口臭対策の王道を手に入れることにつながるんです。

必見※口ねばつき対策の決定版!口臭対策の王道を一挙公開!

口臭対策
口のねばつき対策についていろいろ説明してきましたが、何故、口のねばつきが起こるのか、そして、それがどのようにして口臭の原因になるのかの説明はわかりやすかったでしょうか?

あと、何故、口のねばつき対策が口臭対策の王道であると言われているのかも、ぼんやりとでも理解していただけたでしょうか?

いろいろな口臭対策を行なっていたとしても、突然襲ってくるのが、口のねばつきが原因となる急な口臭の発生です。

それでは最後に、口臭対策の王道として、

1・口内を潤す意味も含め、緊張やストレスをゆるめる意味でも、ドライマウス状態を解消するために、口内に水分の補給を行なう方法

2・交感神経を静め、粘液性唾液の活発な分泌を抑えながら、副交感神経を活発に活動させ、漿液性唾液の分泌を促すような方法

について、その具体例をいくつか紹介してみたいと思います。

1・口内を潤す意味も含め、緊張やストレスをゆるめる意味でも、ドライマウス状態を解消するために、口内に水分の補給を行なう方法

口ねばつき対策として、口臭を抑えるために、水分の補給を行うのであれば、一般的に、口臭に悪影響を与えるカフェインをほとんど含んでいない飲み物として、下のような飲み物の中からお気に入りのものを探すのが良いと思います。

・なたまめ茶
・麦茶
・黒豆茶
・杜仲茶
・ハーブティー
・ルイボスティー

これらであれば、一般的にカフェインが含めれていませんが、中にはカフェインを含む緑茶成分などと調合しているものもあるので、成分表を確認してください。

また、おなじお茶葉名でも、ペットボトルで販売している市販のものには、カフェインを含んだものもありますので注意が必要です。

口臭に良い飲み物とするためには、きちんと茶葉を自分で煎じたものが最適です。

これらの中から、お気に入りのものを選んで、水筒などで携帯していれば、あなたの急な口臭対策の強い味方になること間違い無しです。

2・交感神経を静め、粘液性唾液の活発な分泌を抑えながら、副交感神経を活発に活動させ、漿液性唾液の分泌を促すような方法

交感神経を静め、副交感神経を活発に活動させて口臭を抑えるためには、下のようないろいろな方法があります。

・ゆったりとした音楽を聴く
・自然に笑う
・深呼吸する
・ゆっくりと何かを食べる
・爪もみを行なう(薬指以外)

また、それに加えて、唾液の分泌の全体量を増やす方法としては下のものもあります。

・実際にお茶などを飲んで直接口内を潤す
・唾液の分泌を促すような口臭サプリメントを摂る
・唾液の分泌線を刺激する
・あいうべ体操

これらの内、出来るだけ多くのことができれば、副交感神経を活発に活動させ、漿液性唾液の分泌を促す効果が大きいです。

この中で、爪もみというのは、は両手の指先の爪の付け根付近の両サイドを、反対の指で摘まむように押して指先を刺激するという方法です。

多少痛いと感じるくらいまで摘んでやるやり方が効果的で、1本の指に対して10秒から20秒かけて刺激を続けるのが良い方法ですが、実際にやってみると、以外にリラックスできます。

ですが、爪もみの場合は、薬指だけは交感神経を刺激してしまうと言われているのでやめておきましょう。

また、口臭専用サプリメントの中では、一般には、柑橘系の味覚のサプリメントが効果が高いですが、市販のものの中には糖分を多く含むものがあるので注意が必要です。

唾液の分泌線を刺激する方法については、口臭に良いサラサラの漿液性唾液は、主に耳下腺といわれる耳から顎にかけて口内に存在する唾液腺から分泌されます。

耳周辺や顎の横や下あたりを痛くない程度に指で押したり、軽く円を描くようにマッサージしたりすると、漿液性唾液の分泌を促すことが出来ます。

最後に、あいうべ体操とは、下を大きく動かすことでも、唾液が分泌されるので、その効果を使用する方法です。

なるべく大きく、「あー」「いー」「うー」という発音をするときの形になるように、口を大きく動かします。

最後の「べー」については、舌を下方向に思い切ってなるべく出すようにすると良いです。

さて、いろいろと、たくさん紹介しましたが、今まで説明したように、口のねばつきが口臭の原因となる理由をキチンと知って、その上で、上記のような口臭対策の王道と言える対策を行うことが口臭対策への一番の近道です。

口のねばつきは、口臭へのレッドカードです。

早めな対策で、口臭を抑えてくださいね。

口臭対策
口のねばつきは、口臭が発生する危険信号ですから、そのまま放っておくと、間違いなく急な口臭の原因となります。

口ねばつき対策は、間違いなく口臭対策の王道ですので、口臭が気になる人は、その対策方法をしっかりと身につけてくださいね。:roll:

「口臭対策」の情報掲載ページのご紹介

「口臭対策」の情報掲載ページを作っています。

ご興味があれば、口臭対策の情報掲載ページの記事をご覧下さい!

口臭対策や口臭予防、口臭サプリメントなどのさまざまな情報をまとめているので、きっと参考になると思います。

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: