107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭と口の中のねばつきには関連がありますか?

朝起きたとき、なんだか口のねばつきが気になった経験は、
誰にでもあるのではないでしょうか。
あれは本当に気持ちが悪いものです。

あるいは、人前で話したり、試験や面接などの緊張する場面で、
口の中がねばつくというのも、
多くの方が経験していることでしょう。

さらにそんなときには、ねばつきによる不快感だけでなく、
口臭を感じることも少なくないのでは。
口の中のねばつきと口臭には何か関係があるのでしょうか。

そもそも、このねばつきはなぜ発生するのでしょう?
通常、口の中にはサラサラした唾液が常に分泌されており、
その唾液は口の中を浄化して、雑菌の増殖を抑えています。

唾液が正常に分泌されている状態では、
ねばつきは感じませんし、
雑菌の繁殖による口臭も発生しません。

しかし、唾液の分泌量が減ると、
口の中が乾き、ねばつきを感じるようになります。
そして、浄化作用も低下するので、雑菌が増え口臭が発生します。

これはもう、関係があるどころか、
セットで発生すると言ってもいいレベルですね。
口のねばつきは口臭発生の危険信号だったのです。

唾液の分泌の減少は、病的な原因や加齢による場合もありますが、
誰も経験するのは、生理的な原因やストレスによるもので、
その大半は簡単な方法で解消できます。

寝起きのねばつきは、歯を磨くだけで大抵は解消しますが、
その不快感を少しでも和らげたいのであれば、
就寝前の歯磨きをしっかり行い、磨き残しをなくしましょう。

緊張状態から発生するねばつきに対する対策は、
リラックスすることが一番なのですが、
会議や商談、面接や試験の場面ではなかなかそうもいきませんね。

休憩時間があるならその時間を使って、
ガムを噛んだり水分を補給したりして、
口の中の乾燥状態を解消するのが、一番簡単な方法です。

ただ、リラックスのためにとタバコを吸うことは、
あまりお勧めできません。タバコの臭いもありますし、
血行が悪くなり、かえって口の中が乾く原因になります。

席を立つことができない状況であれば、
耳たぶの下からあごにかけての部分を、親指で押してみましょう。
唾液腺を刺激するツボがあるので、唾液の分泌が促されます。
口のねばつきは口臭発生のサイン。
ねばつきを感じたなら、早めに対応して、
自分も周囲も口臭の不快感とは無縁でいたいものですね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: