107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭の予防対策グッヅ『リステリン』

リステリン

リステリンは、口臭の予防に効くのでしょうか?当然、リステリンは、口臭を抑える方向に働きます

しかし、きちんと効果が出るように使わないとだめです。うがいだけではだめなのですよ。

洗口液については、
いろいろな
勘違いをされて使われています。

せっかく使うのであれば、
効果が高いように使いましょう。

歯磨き代わりに
リステリンだけなんてのは
タブーですよ!

では、リステリンの
正しい使用方法
について
説明してみます。

リステリンのような洗口液(マウスウォッシュ)の効果

薬用リステリン トータルケア 1000ml
薬用リステリン トータルケア 1000ml
その他男の身だしなみ特集はこちら

リステリンなどの
洗口液の宣伝を見ていると、

いかにも、
口臭や歯周病などに
効果のありそうな宣伝をしています。

しかし、注意してほしいのは、

リステリンに限らず、
コンクールFとか、イソジンガーグル
うがい液のような洗口液は、

ただ、うがいをするだけでは
効果があまりない
のです。

ほんの一瞬爽快感が味わえて、
うがいの瞬間だけ、

口内の表面的な細菌などを
消毒
することは出来ますが、

ほんの数分もすれば、
口内は元の状態
に逆戻りです。

リステリンの成分についても、
口臭や歯周病などに効く成分は
含んでいますが、

それは、医学的にきちんと
効果があるほどの
高濃度ではありません。

安全な範囲で、
ある程度の効果が
認められる程度のものなのです。

しかも、それは、
患部に直接届いた場合です。

これは、ほかのコンクールFとか、
イソジンガーグルうがい液のよう
な洗口液でも同じです。

うがいの瞬間だけ、
口内の表面的な細菌などを
消毒する程度の濃度なのです。

患部(細菌)まで浸透して
効果を与える事は殆どありません

本当に、うがい液単体で、
口臭の元を絶ったり、

歯周病を予防するほどの
濃度の製品であれば、

副作用があったり、
刺激が強すぎたりして大変です。

これは、どこの歯医者さんで聞いても、
そのような答えが返ってくると思います。

では、リステリンは、
そんなに効果の少ない
洗口液なのでしょうか?

いえいえ、きちんと使えば、
宣伝文句通り

確実に口臭予防や
歯周病予防
に使える洗口液です。

では、どのように使うのが、
より効果があるのでしょうか。

リステリンには、歯磨きや舌掃除と、バイオフィルムの除去が大事

まず、リステリンのような
洗口液を考える時、

浸透性の効果は無いことを
覚えておかなければいけません。

浸透性の効果が洗口液にあったら、
反対に大変です。

口の中だけに、
副作用なども心配になります。

そこで重要になってくるのが、
患部の表面を出してから、

リステリンを使用するべきである
という事です。

そのために重要なのは、
歯磨き・舌掃除と、
バイオフィルムの除去です。

口臭の主な原因となるのは、
口内の嫌気性菌や酵素の働きです。

また、口臭の原因となる
歯周病の原因も、
歯周病菌という、嫌気性菌です。

このどちらも、口内に潜んでいます。

その隠れ家の中には、
歯間や歯周ポケットなどがあります。

また、舌苔には、
口臭を起こす嫌気性菌が
多く潜んでいます。

何も前処理をしない状態で、
リステリンを使ってうがいをしても、

歯間や歯周ポケットや舌苔の内部などの、
原因菌が住んでいる所には
リステリンの成分は届きません

そのため、原因菌がいるところでは無く、
表面部分のみを洗う程度の
効果になってしまっているのです。

そこで必要になってくるのが、
歯磨き・舌苔のそうじ、
バイオフィルムの除去
などです。

これらをきちんとやってから、
リステリンでうがいをすれば、
高い効果が得られます。

それは、
口臭や歯周病の原因菌のいる所に、
その成分が届くからです。

せっかくであれば、
このような原理をきちんと知って、

洗口液の効果が
きちんと患部に届く
ようにしてから、
リステリンでうがいをしましょう。

そうすれば、コマーシャル通り、
口臭や歯周病などに
確実に効果
があります。

リステリンのために行う、歯磨き・舌掃除・バイオフィルムの除去

では、リステリンのために行う、

歯磨き・舌掃除・
バイオフィルムの除去について
簡単に説明します。

歯磨き

歯の隙間や歯間などは、
細菌の住処となっています。

しかし、食事かすや
食事の分子や歯垢などがあると、

細菌にまで
リステリンの成分が届きません。

きちんと歯磨きをして、
歯の隙間や歯間など、隅々まで、

リステリンの成分が
届くようにしておきましょう。

ただし、歯垢については、
手で歯磨きにより取るのは大仕事です。

歯垢のとれる
電動歯ブラシ
使用をお勧めします。

歯垢のとれる電動歯ブラシが
無い場合には、
3ヶ月に1回くらい、

歯医者さんで
掃除
をしてもらうもの良い方法です。

舌掃除

あまり多くの舌苔がついていると、
リステリンの成分が、
細菌のいる所に届きません。

舌苔が多い場合は、舌掃除
して舌苔を減らしましょう。

ただし、舌苔については、
舌掃除をしすぎると、

口臭にとって逆効果
なることも知られています。

やさしく掃除をして、
舌苔を傷つけたりしないように
注意しましょう。

一般的には1日に1回で十分です。

バイオフィルムの除去

バイオフィルムの存在は
知っている人が少ないと思います。

バイオフィルムは、
歯の表面や歯周ポケット内部、
そして、

歯間などの、
歯の表面についているものです。

例えば、台所や風呂場などの、
隙間や角の付近など、

長い間清掃を少ししないでいると、
その部分がヌルヌルとしてきます。

この除去しづらいヌルヌルが、
バイオフィルムです。

そして、この、
ヌルヌルを除去しようとしても、

塩素系の除去剤などを使用しないと、
ブラシなどでは、
なかなか取除くことが出来ません。

このバイオフィルムを
除かないかぎり、

歯や歯の根の表面に
付着している歯周病細菌や、

口臭の元になる嫌気性菌には
リステリンが届きません。

このバイオフィルムの内部に、
口臭や歯周病の原因となる
複数の細菌が生息し続けるのです。

そして、一度完全に付着した
バイオフィルムは、

手の歯磨きによる
歯ブラシだけではとれません

歯医者さんで
とってもらう
しかないのです。

そして、
一度きちんと取ってもらっても、

歯垢のとれる電動歯ブラシなどで、
丁寧に歯磨きを続けていないと、
また、付着します。

歯垢のとれる
電動歯ブラシなどが無い場合には、

バイオフィルムについても
3ヶ月に1回くらい、

歯医者さんで
掃除をしてもらう
のが
良い方法です。

このように、きちんと、
患部(細菌が住んでいるところ)まで、

リステリンの成分が
届くようにしてから使用する
と、

きちんと、
口臭や歯周病などに
効果があります。

これは、コンクールFとか、
イソジンガーグルうがい液とかを含め、

ほとんどの洗口液に
共通
することです。

それを知って、
洗口液を使用してください。

尚、実際には、
これら全部をやるのは、
かなり負担があります。

そのような場合でも、
リステリンの使用が
もったいないものとならないように、

最低限、
リステリンまえの歯磨き

はやりましょう。

実際には、あなたが、
相当に口臭や歯周病を気にしていない限り、
ここまでの対処はしないと思います。

でも、口臭を気にしてきちんと対処して
洗口液を使っている人は、
案外多くいますよ。
🙄

薬用リステリン トータルケア 1000ml
薬用リステリン トータルケア 1000ml
その他男の身だしなみ特集はこちら

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: