107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

『奥歯』は、口臭に関係しています。

奥歯
  口臭にはいろいろなものが関係していますが、
  奥歯が関係することはあるのでしょうか?
  実は、大いに関係をしています。
  奥歯は、口臭の発生場所にとてもなりやすいのです。

口臭の原因のなかで一番大きな原因は生理的口臭ですが、
その臭いの発生場所は、舌苔のほかにも、奥歯付近などの、
歯ブラシが届きにくく、不潔になりやすい場所があります。
  
奥歯は、その形や場所によっては、臭いの発生場所になるのです。

奥歯はとても歯磨きのしにくい場所

奥歯は、とても歯磨きのしにくい場所です。
特に親知らずなどは、傾いて生えてきたり、
歯茎に半分埋もれたような生え方になる場合も多いです。

すると、奥歯付近の歯間に歯ブラシが届きにくくなったり、
また、鏡で見ても確認しにくい場所が出来たりします。

そして、たいていの人は、磨きにくい奥歯の部分を、
簡単な歯磨きで済ませようとします。

その結果、奥歯とその付近は、食事カスや、
食品の分子などが溜まります。また、
歯垢なども歯に付いてきます。

このような状態になると、奥歯とその付近は、
口臭の臭いをつくる嫌気性菌などの絶好の住処になります。
そして、嫌気性菌や酵素などにより、口臭が作られるのです。

このような理由で、前歯に比べて、奥歯とその付近は、
口臭を起こす場所にとてもなりやすいのです。

奥歯とその付近からの口臭の発生を抑えるには

奥歯とその付近からの口臭の発生を抑えるには、
とにもかくにも、きちんと奥歯の歯磨きや、
歯間の掃除などを行い、いつもきれいにしておくことです。

しかし、先に説明した、親知らずの生え方のように、
奥歯ではいろんなトラブルが起きやすいのが普通です。

あなたも、親知らずの状況などによっては、
特に歯磨きや歯間掃除ができにくい状態の、
奥歯となってしまっている場合があります。

そのような場合には、歯科医院に相談するなどして、
奥歯やその周辺をケアーする方法を考えてください。

口臭治療に熱心な先生であれば、
歯磨きの方法などについて、気軽に相談に乗ってもらえます。

そして、あまりにも奥歯の状況が悪く、
しかもケアが極端にやりにくい場合には、
親知らずを抜歯するのも一つの案です。

ここまでで説明したように、奥歯とその付近は、ケアがしにくく、
どうしても口臭の発生場所になりやすいのです。

このことをいつも考えて、奥歯が口臭の原因にならまいように、
注意しておく必要があります。

普通の歯磨きでは磨きにくい場合は、
電動音波歯ブラシなどで、
丁寧に磨くようにするのもいいですね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: