107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

症状による分類:仮面他臭症

仮面
  症状による分類では、他臭症、自臭症のほかに、
  仮面他臭症という分類があります。
  ただ、この分類の症状は、患者さんに対して、
  最初からある症状の分類名ではありません

仮面他臭症とは、もともとが、他臭症である人が、
自分の口臭に気づき、他人が臭わないくらいまで治療したのに、
まだ、口臭が臭っているんじゃないかと考える人の症状です。

仮面他臭症とは、他臭症から自臭症へと移行した場合を言うのです。

他臭症と自臭症そして、仮面他臭症

他臭症と、自臭症は、口臭をその症状によって
分類したものですが、最近では、仮面他臭症という症状が、
急増してきています。

この症状がよく発生するパターンは、歯周病などを、
長期間放置していたために強い口臭が出始め、
その治療が長引いた場合などです。

このような場合、誰かより指摘を受けるなどして、
自分の口臭に気づき、原因が歯周病と判れば、
まずは、他臭症として、歯周病の治療を始めますね。

しかし、長期間放置して悪化したような歯周病であれば、
なかなか治療は進みません。治療に長い期間がかかります。
しかも、その間は、歯周病による口臭は続いています。

病気が改善されない限り、
劇的に口臭がなくなることはないのです。

そして、その長い期間口臭が続いて
どうしようもないという状況が、
精神的に悪影響を及ぼすのです。

会話がいやになったり、口を手でふさがないと、
しゃべれなくなったりし始めます。

そんな期間が半年~1年も続けば、歯周病の治療が終わって、
口臭が治まってきても、「まだ臭っているんじゃないか?」
という精神的な負担が癖になってしまっています。

実際にも、元々歯周病だった人は、再発の危険性もあり、
治療後も徹底した口内の管理が必要で、
治療が終了したからと言って安心できません。

このように、精神的に高い負荷のかかる口臭を、
長い期間体験した状態が、治療が終わったのちに
自臭症を発症させる原因の1つとなっているのです。

病気が原因でない口臭であれば、口内の十分なケアで、
ある程度まで口臭は抑えられます。
精神的な負担も少ないでしょう。

しかし、病気が原因の口臭であれば、
病気が治るまでの期間は、口臭と付き合わなければいけません。
精神的ストレスが増え、仮面他臭症になる可能性も上がります。

病気が原因となる口臭は、仮面他臭症になる危険を秘めています、
特に口臭の原因となる割合の高い、
歯周病や虫歯には十分注意してほしいです。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: