107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

(くさだま)口臭の元、くさだまとはなんでしょうか?

くさだま
  あなたは、「くさだま」というものをご存知でしょうか。
  実は、くさだまは、臭い玉「においだま、くさいたま」などと、
  呼ばれている「膿栓」の別の言い方です。
  このくさだまは、強い口臭の原因と言われています

歯科医院のお医者さんの中では、くさだまについては、
口臭の原因となるという先生と、原因とならないという、
2つの意見があります。

私は、くさだまは口臭の原因になるという意見に賛成です。

口臭の元、くさだまとはなんでしょう

通称、くさだま、くさい玉、におい玉などとよばれる、
のどの奥のほうの、いわゆる扁桃の部分にできる、
白っぽい塊のようなものを膿栓(のうせん)といいます。

この膿栓は、誰にでも出来るものといわれていますが、
のどの構造や扁桃腺の形によって、
その出来方には個人差があります。

その大きさは、大きくなると3~5mmもの直径になりますが、
それは、扁桃腺付近にある小さな窪みに、食べた物や口内の上皮、
脂肪酸などのさまざまな物質が蓄積することが原因です。

つぶれた時の臭いがとても強いものですから、
これがあると口臭のもとになるといわれています。
また、せきやくしゃみをしたときに口から飛び出すこともあります。

一般には、寒い季節ほこりが多いところでは、
膿栓の量が多くなるといわれています。そして、
膿栓が石灰化して硬くなってしまったものは、扁桃結石ともよばれます。

一般には、膿栓そのものが、
体に害を及ぼすことは無いといわれていますが、
口臭の元として、広く一般に知られています。

さらに詳しい、膿栓の情報は、こちらでどうぞ、
(膿栓)口臭の出る、くさい玉・臭い玉・膿栓(のうせん)とは何ですか?
臭い玉は口臭の原因となるのでしょうか?
口臭を抑えるために、くさい玉を自分で取る方法は無いのでしょうか?

くさだまが病気のサインとなる場合

歯医者さんに相談してみても、基本的に膿栓自体は、
体に悪影響を及ぼすことは無いといわれますが、
ごくまれに病気などの症状の前兆としてあらわれることがあります。

のどの異物感がいつまでたってもなくならなかったり、
痛みを伴ったりする場合や、微熱がある場合、そして、
口臭が特に強い場合などは耳鼻咽喉科に相談するのをお勧めします。

場合によっては、膿栓自体が病気の原因になる場合もあります。
膿栓が原因で、口内の細菌などが増えてしまい、
扁桃性微熱や慢性扁桃炎が続くことがあるのです。

あまり症状が悪い場合には、膿栓を手術で除去することで、
症状の悪化を止める事が出来るそうです。

他にも、扁桃肥大や扁桃炎を繰り返すときなども、
膿栓がよく出ることがあります。

また、扁桃肥大はいびきや睡眠時無呼吸症の原因と、
なってしまうことがありますから、そのような場合も、
やはり耳鼻咽喉科に行ったほうがよいです。

他にも、腎不全につながるおそれのあるIgA腎症や、
手のひらと足の裏に皮疹が出る掌蹠膿(しょうせきのう)ほう症などを、
起こしている方の扁桃にも膿栓がよく見られることがあります。

また左右の扁桃の、どちらか片側にだけ、
たくさんの膿栓がある場合は、
がんの疑いがある場合もあるそうです。

やはり、くさだまが、あまりにも気になる場合は、
できるだけ早く耳鼻咽喉科に行くことをおすすめします。

くさだまを自分で取る方法はないのでしょうか

膿栓は、出来てしまうと、自分ではとることが難しいです。
そのため、膿栓を作らないような、
予防法をすることが大切になってきます。

膿栓自体は口内の不要物がたまっていくものですから、
まずは口内の清潔が第一です。ですから、
うがいをこまめにする人は、膿栓ができにくいといわれています。

また、うがいをする場合も、水だけでなく、お茶を使ったり、
イソジンなどのうがい薬を使ったりすると良い効果があります。

乾燥しやすい季節に膿栓の量が増えることもありますから、
口内を乾燥させないように気をつけるのも大事です。

一度できてしまうと気になる膿栓ですが、
自分では無理に取り出すことをしないほうが良いです。

かたい材質のもので取ろうとすると、
のどの粘膜が傷ついてしまうおそれが高いです。
扁桃腺炎にでもなれば大変です。

耳鼻咽喉科でとってもらうようにするのが、
一番良い方法です。お医者さんであれば、
のどを傷つける心配などもありません。

耳鼻咽喉科では、通常は専用の器具で吸引したり、
膿栓ができている部分を洗浄したりするような、
ごく簡単な処置が行われます。

しかし、これらの処置は、
膿栓が出来ないようになるのではなく、あくまでも、
一度、膿栓を取り除くだけの対処療法ということになります。

また、再度、膿栓がたまれば、除去をすることになります。
お医者さんに相談に行っても、病気などではないので、
特に影響がなければ積極的にとる必要がないと考える医師もいます。

膿栓は、扁桃ラジオ波凝固治療という治療法もあります。
これは膿栓ができるくぼみの部分を、浅くしてしまい、
膿栓をたまりにくくするものです。

この治療は、全ての医院で施術可能というわけではありませんから、
できる医師を探さなければいけません。

また、膿栓を出来にくくするために、
扁桃腺除去の手術をする方法もあります。

くさだまについては、扁桃腺がなければ膿栓ができる場所も無いので、
においに悩まされなくてすむ、と考える人もいるかもしれませんが、
特に大きな問題がない限り、扁桃腺除去の手術はやってもらえません。

このように、あまりに膿栓が心配な場合には、扁桃ラジオ波凝固治療や、
扁桃腺除去の手術などという選択肢もありますが、よほどの理由が無いと、
お医者さんは、手術などの対応を行ってはくれません。

しかし、あまりに膿栓が心配な場合には、まずは、
耳鼻咽喉科に相談してみるのが、一番良い方法ですね。

【追加記事】膿栓を取る道具

最近、いろいろなサイトを見ていると、口内洗浄機で膿栓がとれたという話が、
よく説明されています。

なるほど、これなら、なので、粘膜を傷めることなく
膿栓が取れるというわけですね。
うまく取れた方は、是非、コメントをお願いいたします。

Panasonic 【口内洗浄機】ドルツ・ジェットウォッシャー 白 EW1250P-W

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: