107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

3歳の子供の口臭はどのように予防するのですか?

3歳
  3歳の子供に、気になるくらいの口臭が有ると、
  病気ではないかと心配になりますね。
  特に、初めての子供で、神経質になっているうえに、
  口臭があるとなれば、お母さんは気にするでしょうね。

でも、あまり心配しなくても、殆どの場合は思い過ごしです。
日常の生活習慣を、少しずつ、口臭を抑える方向にもってゆき、
様子を見ながら、少しずつ改善してゆくのが良いですね。

あまり神経質になると、子供も感じ取りますので注意が必要です。

口臭は3歳の子どもでもあるのでしょうか

口臭は、臭いの質や強弱はあれども、
年齢に関係なく、誰にでも発生します。
小さい子どもであろうと、大人であろうと同じようにです。

もちろん3歳の子供でも、
大人と同じように口臭はあります。

そして、口臭の原因は、大人であれば、まれに、
内臓などの病気が原因の場合もあるのですが、子どもの場合には、
そのような病気が原因の口臭を心配する必要はまずありません。

3歳くらいの子供の場合には、大人の場合と違って、
内臓の病気などが原因で、口臭が起こる可能性は低いのです。
お子さんに口臭があっても、あまり心配する必要はないと思います。

しかし、当然ながら、病気などの可能性がゼロではありません。
あまり気になるようであれば、まずは、
歯医者さんや耳鼻咽喉科での、診察をお勧めします。

3歳くらいの子供の口臭の原因は、一般的には、
口内環境が悪いせいか、虫歯などが原因の場合が殆どです。

3歳の子供は虫歯で口臭が発生している事が多い

子どもの口臭の原因は、口内のケアが不十分であることが多いです。
そして、そのせいで、虫歯になっていることも多いのです。

3歳くらいの子供に口臭が有る場合、
特に注意してあげたいのが、この、虫歯による口臭です。
虫歯は、口臭の大きな原因の一つなんです。

ですから、3歳くらいの時期には、お母さんが、
歯磨きなどをキチンと教えて、強い歯をつくる手助けしてあげることで、
口内の清潔を保ち、口臭や虫歯を防ぐことが出来ます。

特に歯については、3歳の頃に虫歯になってしまうと、
生え変わった後の永久歯も虫歯になりやすい、と言われていますので、
口臭予防も兼ねて、きちんと歯のケアをしてあげる必要があります。

最近では、歯については、フッ素を使用して、
強いエナメル質を歯の表面に作ることで、
虫歯になりにくくするような方法もあります。

そして、そのようなフッ素を、歯医者さんで、
塗布してくれる地域もあります。
また、フッ素イオン溶液のスプレーなどもあります。

しかし、3歳くらいの子供に、
あまり過剰にフッ素を使用するのには、賛否両論があります。
フッ素を子供の歯に使用することによる、弊害も報告されているのです。

子供の虫歯は心配ですが、あまりフッ素塗布などに飛びつかず、
フッ素入りの歯磨き粉」を使用する程度で、
歯のケアをするぐらいで良いと思います。

普段から、歯磨きなどを癖にして、自然に、
丈夫な歯をつくるように手伝って上げましょう。

そして、口臭が起こりにくいように、
口内環境を清潔にしてあげましょう。

子どもの口のにおいは、歯磨きなどを癖にして、
虫歯を予防しつつ、清潔な口内を保つことができれば、
それだけでも防げることが多いです。

口臭のことで子どもを追い詰めない

少し話は変わるのですが、
3歳くらいの子供に口臭がある場合、
特に気を付けてほしいことが有ります。

それは、口臭がある、とお母さんが感じても、
必要以上に口内をケアしたり、子どもの口臭を、
何度も嗅いだりしないようにしてほしいという事です。

たとえ3歳ぐらいの小さい子どもでも、
お母さんがあまり気にしすぎると、体で感じとります。
そして、それがプレッシャーやストレスになってしまいます。

言葉で伝えなくても、お母さんの仕草で、
自分には「口臭」というものがあり、それは、
はずかしくて、良くない事なんだと、感じとってしまうのです。

口臭のもっとも多い原因である生理的口臭は、
誰にでもあるものですし、ある程度のかすかな臭いは、
なかなか無くならない事も良くあります。

臭いがあっても、人が特に不快に感じるレベルを下回っていれば、
問題はないわけですから、神経質になりすぎないことも肝心です。

あまりに気にしすぎると、子供がそれを気にするようになり、
過敏に反応して、トラウマなどとなり、大人になった時に、
自臭症」などで悩んでしまう原因を作ってしまうかもしれません。

仮に、強い口臭であった場合でも、歯科医、耳鼻科医、内科医などで、
口の臭いを解決するための対策を行いながら、
子供の前では、あまり、気にしすぎないということも大切です。

口内ケアの習慣を、お母さんやお父さんと、
一緒につけていくことが大切ですから、
おおらかな気持ちでゆっくり過ごすようにしてあげましょう。

おやつタイムで口臭予防をしよう

3歳くらいの子どもの口臭予防には、意外な物も効果的です。
それは、10時と15時の「おやつ」です。

口のにおいは食後3時間で最も強くなると言われています。
ですから10時15時のおやつタイムというのは、タイミング的には、
口臭の対策としてもとても理にかなっているのです。

何故、「おやつ」が良いかと言うと、
普通であれば、空腹時に口のにおいが強くなります。

これは、食べたものが、食後3時間後くらいで、
口内で腐敗し始めるのと、その頃に、丁度、
高い消臭効果を持っている唾液が減ってくるためです。

唾液が減ってくるのは、食事も終わり3時間も経つと、
口内や消化器官に消化するものも無くなり、口内でも、
唾液の必要が無くなるからです。

そして、唾液が減って口内が乾燥してしまうことは、
口臭の出る原因になります。唾液の持つ高い消臭効果が、
期待できなくなるからです。

そこで、その時期におやつを食べれば、
消化するための唾液の分泌につながります。
そして、この唾液で口のにおいを抑えることができるのです。

おやつには、砂糖などを多く使用したおやつを与えるのではなく、
しっかり噛むことのできるものを食べるようにすると高い効果があります。
飲み物も、ジュースなどではなくお茶やお水などが良いです。

唾液には、水分補給も効果的ですので、
充分な飲み物を、いつも用意しておくのも良いですね。

あと、おやつの時間をきちんと決めると、
生活のリズムも整えていくことができます。
不規則な生活も口臭の原因なんです。

食事やおやつの時間をしっかり決め、
だらだら食べたり飲んだりしないようにすると、
それだけでも生活のリズムが出来て、口内の清潔を保つこともできます。

3歳の子供に口臭がある場合は、まずは、歯磨きやうがいなどに注意し、
次に、おやつや水分補給などで、生活にリズムを付けます。それでも、
口臭が改善しなければ、歯医者さんや耳鼻咽喉科での診察をお勧めします。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: