107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭は1歳の赤ちゃんにでもあるのでしょうか?

1歳

まだ小さな赤ちゃんから口臭を感じると、お母さんは何かの病気かもしれないと心配するかもしれません。

赤ちゃんの間は、本当に小さなことでも心配になるものです。特に、初めて赤ちゃんを育てているお母さんはなおさらです。

お母さんやお父さんに
口臭があるといったときは、

自分の口臭が,
遺伝したのだろうかと心配でしょうが、

口の臭いは、基本的に、
遺伝するものではありません。

でも、1歳の赤ちゃんでも,
口臭はあるのでしょうか
?

1歳の赤ちゃんにでも口臭はあります。

確かに口臭は,
1歳の赤ちゃんにも起こります

しかし、歯周病の可能性や、
なにかの病気ではないか、
と考える必要は、まず普通はありません。

基本的によだれが多い赤ちゃんは、
口の臭いがすることは、
少ないはずなのですが、

睡眠中などには、
唾液の量が減少するのが普通です。

その唾液の減少が原因で,
口の中が乾燥し、

また、唾液自体もネバネバになり、
臭いを作りはじめ、眠りから覚めた後、
臭いを感じるということが有ります。

このように、朝起きた時などに、
唾液が少ない事が原因で、
口のにおいがするというのは、

通常、赤ちゃんも大人も、
誰にでも起こります。

これが、起床時口臭というものです。

このような口臭は、
誰にでもある生理的口臭ですので、
心配の必要はありません。

また、よだれが乾いた状態でも、
臭いが出ることもあります。

これは、赤ちゃんが出したよだれが、
自分の衣服について、

よだれが乾いて、
臭いが出ているような場合などです。

これも問題ありませんので、
あまり気にしすぎない方が良いです。

また、それ以外の場合などで、
口のにおいがすると、

内臓、特に胃が悪いのではないかと、
心配になるかもしれません。

しかし、一般には、
ミルクをしっかり飲み、
離乳食もきちんと食べていて、

便通にも問題が無く、
いつも通り元気
であるということでしたら、
過敏に心配する必要はないと思います。

1歳の赤ちゃんの口臭で気をつけておきたいこと

赤ちゃんの口臭は、
心配の必要がないものが
ほとんどですが、

中には注意しておいた方が
よいものもあります。

まず、風邪をひいている、
熱があるといった症状があるときなどは、

唾液の分泌量が減り、
口内が乾いて、臭いを
感じることが多くあります。

このような場合は、
赤ちゃんは病気気味です。

赤ちゃんの様子が少しでもおかしく
その上、口臭も気になるという場合には、

できるだけ早く、
かかりつけの小児科で、
診察してもらったほうがよいと思います。

そして、赤ちゃんの口臭が、
徐々に強くなり、
臭いが気になり始めたというときなども、

小児科あるいは耳鼻咽喉科を
受診されることをおすすめします。

それは、扁桃腺炎、
蓄膿症といった場合には、

口の臭いが、
だんだんと強くなる事があるからです。

特に、鼻が原因となる
蓄膿症がらみの症状の場合には、

めったには、
強い口臭が出ない赤ちゃんでも、
強い臭いが出始めることがよく有ります。

それは、鼻がつまっていて
鼻呼吸がうまくできない場合など、
口だけで呼吸するために、

口呼吸となり口内が乾燥して、
唾液が、臭いを作りはじめる
という事があるからです。

口呼吸になると、口内が渇き、
口の中でばい菌が繁殖しやすくなり、

また、そのばい菌を
唾液で洗い流すという行為が
充分に出来なくなり、

強い口臭を、
感じることがあるのです。

以外と、1歳くらいの子どもは、
口呼吸になってしまうことが多いのです。

そして、この口呼吸については、
赤ちゃんの成長にかかわる部分で、

口臭以外にも、
多くの弊害をもたらす
ことが
知られています。

1歳児の口の臭いは、ごくまれにですが、
この口呼吸が原因である
場合がありますので、

そのような疑いがある場合には、
一度耳鼻科で受診した方がよいですね。

赤ちゃんの口臭への対策

赤ちゃんの口の臭いが、
病気を心配することが
必要なケースはごく少ないにせよ、

お口の中の清潔
保ってあげることが肝心です。

もちろん自分ではできないわけですから、

お母さんが充分に
ケアしてあげるようにしましょうね。

まず、まだミルクを飲んでいる場合の
赤ちゃんでしたら、

ミルク後に口内を洗い流す意味で、
を飲ませてあげるのは
良いことでしょう。

ミルクの後で水をなかなか
飲まないようでしたら、

ぬらしたガーゼで、そっと、
歯が生えてきている部分などを中心に、
拭いてあげるようにしてもよいでしょう。

ある程度の、
歯が生えてきている状態であれば、

寝る前にお母さんがしっかり
歯磨きをしてあげる必要がありますね。

歯ブラシを口の中に入れること自体を、
とても嫌がる赤ちゃんもいます。

無理に歯磨きをさせようとしても
逆効果になってしまいます。

お母さんが、口の中を触ることを
嫌がらなくなるように、
少しずつ慣れていくようにしましょう。

歯ブラシを
噛みしめるようにするだけでも、

唾液の分泌を促しますし
かなりの部分の汚れは取れてしまいます。

お昼間はその歯ブラシで遊ばせる感覚で、
夜は仕上げ磨きをしてあげる
というようにするとよいですね。

においが気になるからといって、
歯磨き剤やジェルを使う必要はありません。
やさしくブラッシングするだけで充分です。

1歳くらいの赤ちゃんであれば、
いろいろと心配事も多いでしょうが、

まずは、赤ちゃんの様子を
十分に観察して、
普段しない行動があったり、

様子がおかしい上に、
口臭も臭うようであれば、
診察をお勧めします。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: