107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭の元、VSCって何?揮発性硫黄化合物って何?

VSC
  口臭の原因となるVSCを知ってますか
  これは揮発性硫黄化合物の事ですね。
  でも、どのようなものなのでしょうか。
  もう少し詳しく知りたいですね。

VSCは、Volatile Sulfer Compounds.を略したものです。
揮発性の硫黄化合物という意味で、その成分には、硫化水素、
メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどがあります。

もう少し説明しますね。

VSC(揮発性硫黄化合物)って何

口臭の原因の内一番多いのは、生理的口臭です、
そして、次に多いのが歯周病です。

臭いのある口臭の内、これら2つの原因が、
全体の90%以上を占めると言われています。

そして、これらの2つの原因の、
臭いの元となっているガスが、
VSC(揮発性硫黄化合物)です。

VSCは、硫化物と言われる事もありますが。
ここでは、硫黄化合物で説明します。

VSCには、多くの化合物があるのですが、口臭については、
硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、
ジメチルサルファイド((CH3)2S)
の3種類が関係しています。

これらのガスが、単独あるいは混合して存在する事で、
口の臭いの元となっているのですね。

この3つのガスは、悪臭物質として有名です。
パルプ工場や下水の悪臭の元としてもよく知られていて、
腸内のガスにも含まれることが解っています。

ここで、臭いの主原因はこれらのガスなのですが、
口内には、その他の多くのガス成分もわずかに存在します。

しかし、それらの成分は非常に少ない比率であり、
病的な原因等の特別な要因が無い限りは、
臭いが判るほどの濃度にはなりえません。

それらの例としては、アセトン・アミン類・フェノール
・メチルアルコール・エチルアルコール・アセトアルデヒド
・スカトール・インドール・アンモニアなどの成分があります。

この中には、特定の内臓病などの時に発する
臭い成分のものもありますが、普段口内には、
判別出来るレベルでは存在しないのです。

このように、現在では、通常の口臭の主成分は、
VSCの内の、硫化水素、メチルメルカプタン、
ジメチルサルファイド
であることが判っています。

生理的口臭と歯周病のVSC(揮発性硫黄化合物)のちがい

おもしろい話があります。それは、平成12年(2000年)頃まで、
口臭検知器が測る対象のガスが、
欧米と日本で違っていたという事です。

今はもう変わっていると思うのですが、
まだ変わっていないなら、おもしろい事です。

平成12年当時、日本の検知器は、
主にメチルメルカプタンの濃度を測定して
口の臭いの強さとして表示していました。

それに比べ、同じころ欧米では、
硫化水素の濃度を測定して
口の臭いの強さとして表示していました。

この違いは何なのでしょうか?
実は、この違いは、各々の国の、
口臭の研究方法の違いによるものなのです。

説明をする前に、

VSCの成分の比率の年齢に伴う変化についてお話します。
これは、臭いの成分の比率が、口内の状態の変化と共に
変わってゆくという話です。

口内の状況については、一般的には、年齢と共に状態が変化します。
それは口内が、異常のない健常者から→歯周病患者へと
変化してゆくという場合に起こります。

特に日本人は、この傾向が強く、
中高年の日本人の8割が歯周病に
なってしまっていると言われるほどです。

ここで、健常者のVSCは、硫化水素が主な成分であり、
メチルメルカプタンとジメチルサルファイドは、
少ない割合であることがわかっています。

生理的口臭のみの状態では、硫化水素の濃度が、
口の臭いを代表しています。

しかし、口内の状態が変化し、歯周病になると、
メチルメルカプタン
の濃度が一気に増えて、
口の臭いを代表するようになります。

ここで気付かれたかもしれませんが、

欧米の研究者は、口臭の原因の中で一番多い原因である
健常者の生理的口臭に対して研究が行われました。
ですから、臭いの程度に硫化水素の濃度を使いました。

日本の研究者は、生理的口臭の次に多い原因である、
歯周病の患者に対して口臭の研究が行われました。
ですから、臭いの程度にメチルメルカプタンの濃度を使ったのです。

日本では、口臭の原因は
歯周病であるという認識が強かったのですね。
このような差があったのです。

推測するに、多分、日本での口臭の研究は、
歯学の分野でされたのではないでしょうか、
そうであれば日本人に特に多い、歯周病に着目するのも解ります。

その名残かどうかは解りませんが、
今でも年輩の歯医者さんの中には、
口臭の主原因は歯周病である。』と言っている人がいますね。

サイトなどでも、良く見かけます。

尚、最近の口臭検知器(測定器)には、
オーラルクロマ(アビリット製)のように、
3つのガスを、それぞれ測る測定器
も出来ています。

それであれば、、硫化水素、メチルメルカプタン、
ジメチルサルファイドが、個別に測れます。
自分の口臭を一度測ってみたいのものですね。

今回は、VSC(揮発性硫黄化合物)の説明をしました。

それぞれの臭いなどについての情報は、
VSCはどのようにつくられるの?そして、どんな臭い?をどうぞ。

私は、毎日、簡易測定器のブレスチェッカーと、
エチケットチェッカーの2台で測っています。
でも、どのガスを測っているのかは不明です・・・。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: