107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭と加齢臭は違うのでしょうか?

加齢臭
  口臭と加齢臭はどのように違うのでしょうか。
  時折、口臭と加齢臭を混同して説明している方がいますね。
  先日、あるテレビでも、そんな場面を観ました。
  口臭と加齢臭は別物ですよね。

その番組では、口臭も加齢臭の一部ですよ!というような
説明をしていました。お話をされていたのが、偉い先々でしたので、
多分、そのようなご意見の方も多いのではないかと思います。

でも、私個人的には、口臭と加齢臭は全く違う物であると
考えておいたほうが良いと思っています。ただ、加齢によって
口臭が強くなるのは間違いありません。

それは、唾液を作る能力が年齢と共に減少してくるのと、
その唾液の質も、多分、若い方のと比べると、浄化能力が
下がっていると考えるからです。

ですから、口臭は加齢臭の一部では無く、口臭は加齢とともに
出やすくなりますので、加齢臭と同じように、高齢者にとっては
臭いの悩みの種です・・・が正解でしょう。

実際には、口臭と加齢臭は香りの種類も全く違います。
それぞれが発生する主な原因も違うんですよね。口臭と加齢臭は、
病気によるものを例外とすると、その発生原因には大きな差があります。

口臭と加齢臭の原因の違い

口臭の最も多くの原因は口内での雑菌の繁殖ですね。
主に唾液に大きく関係していて、口内の唾液が減って
口の中が乾燥してくると、発生し始めます。

これは、唾液が減って口内が乾燥してくると、嫌気性菌という
酸素が少なくなるほど元気になる菌が繁殖してくるからです。

この嫌気性菌には、揮発性硫黄化合物といういやな臭いを
発生させる元をせっせと作ります。この揮発性硫黄化合物より
揮発性硫黄ガスが作られ、それがもとで口臭が出始めます。

この時、口の中はねばねば状態になっている事が多いです。
これが、最も多い口臭の発生するメカニズムです。
ほとんどの場合、このようなパターンで口臭は発生しています。

かたや、加齢臭というと、人の皮膚はうるおいを保つために
皮脂腺というところから皮脂を出しているのですが、
年齢をかさねると、この皮脂の質が変わってきます。

年齢が高くなると、この皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と
よばれる脂肪酸が増えるのです。それと同時に、
過酸化脂質という物質も増え始めます。

加齢臭は、このパルミトオレイン酸と過酸化脂質が結びついてできた、
ノネナールという物が臭いの元です。そして、
加齢臭は、男性も女性も同じように発生しています。

女性は、お化粧をするのと、毎日着る服が変わることが多いので、
気付きにくいのですが、男性の背広などは着っぱなしなので、
においが目立ちます。よくロウソクみたいな臭いとも言われます。

このように、まったく違う発生の仕方なのです。
また、臭いも、口臭が硫黄臭いのに対し、
加齢臭はロウソク臭い感じです。

私は、口臭と加齢臭は全く違う物だと考えていますね。🙄

アジカ

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: