107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭にはホルモンの分泌も影響するのでしょうか?

ホルモン
  口臭にはいろいろなものが影響を与えます。
  その中には、食事や病気や口内の状態、
  そして、体調や環境や精神状態なども含まれます。
  では、口臭にはホルモンの分泌も影響するのでしょうか

ホルモンの分泌も口臭に影響を与えます
よくある例としては、女性特有の月経や妊娠によるものがあります。
他にも、思春期、更年期、加齢によるものなどもあります。

もう少し詳しく説明しますね。

ホルモンの変化による口臭の変化

体内のホルモンの影響で、口臭が変わったり、
口臭が起こったりする事があります。
この原因は未だにはっきりわかってないようです。

しかし、ホルモンが変動する時、
実際に、口臭がきつくなる事があるのが確認されています。

その例としては、

・ストレス
・ダイエット
・思春期
・更年期
・月経や妊娠時
・加齢

等があります。

それでは、簡単に説明してみますね。

ストレス

ストレスにより、ホルモンのバランスが崩れる事があります。
それが、副交感神経や交感神経に影響を与え、
口臭が起こりやすくなる場合があります。

多いのは、交感神経を刺激して、
唾液の分泌量が減り、口内環境が悪化して、
口臭が発生する場合です。

また消化器官にも影響を与え、それも、
口臭の原因になる事があります。

ストレスは、口臭だけでなく、
他の病気を引き起こす事もありますので、
早め早めに、ストレス解消に努めるようにしましょう。

また、あまり気にしすぎると、
自臭症になる場合もありますので、
それにも注意が必用です。

ダイエット

ダイエットでホルモンバランスが崩れることがあります。
特に、女性の方に多いのですが、肌荒れやにきびが始まり、
体調がすぐれなくなってきたら要注意です。

ホルモンバランスの崩れは、口内環境に影響を与えます。
そして、口臭を発生しやすい状況を作るのです。

特に、無理なダイエットをしている場合は、口臭として
アンモニア臭や、ケトン臭が出ることが知られていますが、
いずれも、体内で良くない変調が起きて発生しています。

その上に、ホルモンバランスが崩れてくると、
悪い症状が、さらに加速します。

ダイエット中には、ホルモンバランスにも気を配り、
無理のないダイエットを進める必要があります。

思春期

中学生くらいから、高校生くらいの時期まで、
急な心身の発達に伴う思春期特有の口臭が発生します。

これは、男性・女性ともに起こる事ですが、
急激なホルモンの分泌の変化によるものです。

声変りがしたり、生理が始まったりするのと同じように、
口内も、微生物の種類や唾液中の細菌なども変わっていきます。

その変化の過程で、口内が非常に口臭の発生しやすい、
状態となり、わずかな原因でも臭いが発生するのです。

この時期は、精神的に傷つきやすい時期でもあります。
特に口臭には注意をしてあげましょう。

規則正しい生活や、きちんとした歯磨きなどをして、
口臭を抑えるように、毎日、努力をする必要があります。

更年期

更年期の場合にも、ホルモンバランスが変わる影響で、
口臭が出やすくなることがあります。

更年期には、女性ホルモンであるエストロゲンが少なくなり、
自律神経失調症に陥りやすくなります。
すると、唾液の分泌量が減り口臭が起こりやすくなります。

その他にも、ホルモンのバランスが変わる事で、
いろいろな体内の変調が起こり、
口臭の出やすい体質となってゆきます。

唾液の浄化能力の低下が重なることもあります。
いままでのような性能を唾液に求めにくくなってくるのです。

更年期を迎えたら、今まで以上に口臭ケアに、
気を配る必要があります。

月経や妊娠時

女性特有なのですが、月経や妊娠時にも、
ホルモンの働きにより、特有の
口臭が起こる事がわかっています。

詳しい原因はわかっていないのですが、
その時期に、明らかに、口内で、VSC(揮発性硫黄化合物)
増えるのが確認されています。

これは、女性ホルモンが、歯肉細胞に働きかけ、
炎症がおこったような状況をつくるからではないか?
とも言われています。

特に、排卵日前日を含む2日間と、月経のある一時期には、
特徴的に口臭が発生していることがわかっています。
これは、どうしようもない事です。

あまり気にすると、反対に逆効果となる場合もあります。
この期間だけ上手にやりすごす」くらいの気持ちで、
対応するのが良いと思います。

加齢

加齢に伴い、いろいろなホルモンの分泌量が減ってきます。
口内環境を改善する働きとなるホルモンについても
ホルモン自体の分泌量が減るため、口内の状況は悪化します。

その影響を大きく受けるのは唾液です。

年齢と共に、唾液生産機能の低下することに加え、
唾液の分泌量も減ってきます
また唾液自体の浄化性能も落ちてきます

そうなると、口内の消臭能力が著しく低下するために、
口内は非常に口臭の発生しやすいところとなり、
口臭が発生するのです。

このように、いろいろなホルモンの変化が、
どこかで、口臭に関わっています。

ホルモンの分泌量の変化は、どうしようのない部分が多いのですが、
口臭に、このような影響を与えることがあるのを、
知った上で対応すれば、多少でも抑える事が出来ます

ホルモンの変化とは上手に付き合ってゆく必要がありますね。

ストレス、ダイエット、思春期、更年期、月経や妊娠時、加齢など、
ホルモンが関係する体調の変化はいろいろあります。
事前に予測して、落ち着いて対処するのが良いですね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: