107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭に、めかぶは効果があるのでしょうか?

めかぶ
  口臭に、めかぶが良いという話を聞かれた事はありますか。
  めかぶとは、海藻のわかめの根元部分にある、
  ひだ状になった部分の事です。
  めかぶは、どのように口臭に働くのでしょう。

めかぶを食べると、口臭が少なくなるように働きます
でも、今ある口臭を消すと言う意味合いではないです。
口臭の元を出来にくくするという意味で効果があるのです。

もう少し詳しく、説明しましょう。

めかぶが効くのは、体内で臭いが発生する場所

めかぶが口臭に対して効果を示すのは、
口内の臭いの原因に対してではありません。
主に、体内の臭いの発生源に対して効果を示します。

では、体内で臭いが発生する場所がどこかと言うと、
病気等の場合は別として、体内で臭いの発生する場所は、
主に腸を中心とする消化器官です。

腸では、毎日、食べたものの消化が行われていますが、
その消化の過程で、アンモニアやインドール、アミン類などの、
臭い成分が発生します。

そのような臭い成分は、消化による栄養分と一緒に吸収され、
門脈という血管を通って肝臓にたどり着きます。
門脈とは、腸などの消化器官と、肝臓を結ぶ血管です。

そして、肝臓で分解されたり無臭のものに変えられます。
しかし、この肝臓の働きが弱ると、処理しきれなかった
臭い成分は、肝臓を通る血液中に溶け込みます

また、消化器官付近には、普通の血管も通っているため、
門脈ではなく、体内を巡る普通の血管にも臭い成分は吸収され、
その血液にも消化器官で発生した臭い成分が吸収されます

ここまでで解るように、
体内で臭い成分のガスが作られるのは腸などの消化器官で、
その臭い成分は、血液中に溶け込むのです。

そして、この臭い成分を含んだ血液が、肺に到着すると、
外気とのガス交換作用により、臭い成分を吐息として
口より排出する事になります。

これが、体内で発生した臭い成分が、口臭になるまでの流れです。
そして、この臭いの製造部分に、めかぶは効くのです。

めかぶが、体内で臭いが発生する場所に効くしくみ

血液中に溶け込んでしまった臭い成分は、
肺からの吐息として口臭になってしまいます。

めかぶは、腸内で臭い成分が発生しにくいように働くのです。
それが、めかぶが、口臭に効果があると言われる訳です。
では、どのように働くのでしょうか。

まず、めかぶが持つ海藻のヌルヌル成分には、
フコイダン」という粘性多糖体が含まれています。

この「フコイダン」は、腸内で食物繊維のような働きをするため、
アンモニアや硫化水素などの臭い成分を、そのヌルヌルで包み、
そのまま便として対外に排泄してくれます。

また、粘性多糖体は、腸の消化粘膜のバランスを取り、
臭い成分を出来るだけ門脈に吸収させて肝臓に送りこむ仕組みを、
上手く機能させる働きがあります。

それにより、臭い成分が、
直接、普通の血管などに吸収されるのを、
防ぐ効果があります。

めかぶには、この「フコイダン」との相互作用で、
体臭成分を体外へ排出する作用のある、
アルギン酸」という成分も含まれています。

これらの働きにより、腸内環境を整え、
臭い成分を速やかに体外へ排出する作用がある事が、
口臭の防止につながっているのです。

この、めかぶと同じような効果を示すものには、
もずくなどもあります。

めかぶやもずくは、このように、腸内の環境を良くして、
口臭を発生しにくくする効果があります。
しかし、継続して日常的に摂取しないと効果は薄れます

海藻類には、もずくの持つ効果のように、
腸などの消化器官に対して良い効果を与えるものが多くあります。
毎日の食卓に一品あれば、口臭の防止にもつながりますね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: