107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭の外来とは、どのような診療をしてくれますか?

外来
  あなたは、口臭の外来があるのをご存知でしょうか
  一般の人に口臭の外来の事を聞いても、
  まだ認知度は低いですね。
  ただ、何の治療をするのか?意味はすぐに解りますね。

では、この聞きなれない口臭の外来は、
いつ頃から始まったのでしょうか。

実際には口臭の外来はかなり古くからあるみたいです。
いろいろな本を見ていると、1998年(平成10年)には、
新潟大学に口臭外来があった記録があります。

新潟大学の口臭外来では、1998年1年間の、
口臭外来の初診患者は210名でした。

その他いろいろな情報を見ていると、
多分1990年代くらいに、口臭の外来である口臭外来が、
いろいろな病院に広まったような感じですね。

その理由を調べてみると、
1990年代にアメリカで、口臭治療が大ブレイクしたようです。

そして、当時以降は、口臭は無い事が美徳とされ、
治療を行う人口もかなり増えました。
そして、口臭治療がアメリカ全土で認知されました。

現在、アメリカでの歯医者さんの受診理由の順位は、
第1位が虫歯、第2位が歯周病、そして、
第3位が口臭治療と言われているまでになったようです。

口臭治療が市民権を得たんですね。
多分、その当時の流れが日本にも伝わったのでしょう。

日本でも、1990年代頃から、
口臭の外来という言葉が、
ちらほらと聞こえ始めたようです。

そして、この頃より、
熱心に口臭治療を行っているのが、
口臭治療で有名な、ほんだ歯科の本田俊一先生ですね。

本田先生は、1997年にほんだ歯科を開業され、
その後、口臭治療に熱心に取り組まれています。

口臭治療の本も何冊か出されていますね。

口臭の外来の診察内容

では、口臭の外来で行う、
一般的な治療の流れを簡単に説明します。

この例は、
歯医者さんが口臭の外来を行っている場合の例です。

ちょっと、熱心な口臭外来の先生の場合の例ですので、
そこは、ご理解くださいね。

1.診療予約

生活調査票などによる予備調査をします。
患者さんの性格なども簡単に調査しますね。

2.初診時

口臭の測定や聞き取り調査をします。
内容は、問診・口臭測定・口腔内診査・口腔外診査などです。

そして、その診査結果より、口臭の診断と、
原因の推定を行います。
治療計画の作成も行いますね。

3.治療

生理的口臭や、歯科的な原因による口臭ならば、
治療を開始します。

治療には、ブレスコントロール方法の選択や
生活指導、食事指導も入ります。

歯が原因の一つであれば、虫歯治療、歯周病治療、
歯石除去なども行います。

4.再診時~定期管理

口臭測定などを含め、症状を再評価し、
治療継続が必用であれば、継続をおこなう。

口臭が認められず、
本人も完治と認めれば治療完了ですね。

それと、
口臭外来では対応外の治療が必要な場合は、
リエゾン治療などを行います。

これは、口臭の原因が、内臓の病気などで、
歯医者さんでは対応できない場合などに行われます。
口臭の原因を、他の病院で治療してもらう場合ですね。

他の診療科目である、内科や精神科などを紹介し、
その治療とも並行して口臭治療を行う事です。

このように、口臭の外来では、
口臭の原因をつきとめてくれます。

当然、内科的な病気が怪しい場合は、
担当の病院の紹介もしてくれます。

そして、治療を行ってくれるのは勿論、
口臭の予防方法をアドバイスしてくださったり、
さらには口臭を科学的に分析してくれたりします。

また、カウンセリングしてくれたりします。

この、カウンセリングをしてくれるところが、
口臭外来のよさですよね。

口臭でメンタル的に滅入っている方も多いと思います。
そんな時は、
専門家が話を聞いてくれたら嬉しいですよね。

口臭の外来の値段の問題

ただ、口臭の外来の一番の問題が、
原則、保険の適用外の治療になる事ですね。

当然、口臭の原因が、何か特定できる病気であれば、
その治療については保険が使えます。

虫歯とか、歯周病とか、歯石とかですね、
あと、耳鼻咽喉系の疾患や内臓の病気なども、
その病気の治療については保険適応です。

しかし、口臭単独でいうと、保険適応外ですので、
口臭測定も、カウンセリングも、治療も、
費用がそのままかかります。

病院によってもいろいろでしょうが、
口臭外来だけで、保険適応外の治療を行うと、
一般の場合でも、数千円~数万円はかかると思います。

長引けば、さらに必要です。

ですから、口臭外来に行くときは、
自分で出来る範囲の生理的口臭の予防は、
一定の期間十分に行ってから、受診された方が良いと思います。

そうすれば、診査の精度も上がりますし、
治療費も抑えられると思いますね。

口臭の外来は、口臭で悩むあなたの強い味方です。
しかしあなたも、十分な口臭ケアーをしてから、受診すべきですねー。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: