107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭はうがい薬で消せないのでしょうか?

うがい薬
  時折、「歯磨き代わりに、うがい薬で歯磨きを・・・」
  のような広告を見ることがあります。
  無理です、うがい薬でうがいをしたとしても、
  うがいは、歯磨きの代わりにはなりません

ましてや、うがい薬だけで口臭が消えたりもしません。
うがい薬といえども、一時的に口内の食事カスや、
細菌を洗い流し、簡単な消毒をする程度の効果しかないのです。

しかも、うがいをするだけでは、口内の細菌には効きません

うがい薬の種類と効果

まず、うがい薬の説明をする前に知ってほしいのは、
うがい薬」の種類は、あまり多くないという事です。

うがい薬(医薬品)としては、イソジンうがい薬・
コサジンガーグルうがい薬・アストリンゴゾールなどで、
薬局などでないと、あまり見かけないものが多いです。

そして、GUM(ガム)などのように、オーラルリンスなどとして、
紹介されているものは、医薬部外品(医薬品と化粧品の中間)
として、扱われているのです。

つまり、このようなものは、正確には、医薬品ではないのですね。
ですから、よく、うがい液とか洗口液として紹介されています。

では、うがい薬とうがい液に、
口臭に対する効果の差はあるのでしょうか。

個人的には、うがい薬とうがい液の間に、
そんなに効果の差があるとは思えません
それは、ほんの一瞬口内を清掃するだけだからです。

その上、口臭のためにうがい薬やうがい液を使う場合に、
使い方を勘違いしている部分もあるのです。

そのため、一般には、うがい薬やうがい液の性能が、
充分に発揮されていません。そのような事も含め、
うがい薬とうがい液に、大きな効果の差があると思えないのです。

うがい薬やうがい液は歯磨きや舌掃除とセット

うがい薬やうがい液は、それだけ行っても、
口臭に対する効果が低い場合が多いです。

それは、
うがい薬やうがい液の使い方を勘違いしているからです。
その勘違いについて説明します。

口臭を発生していると思われる口内は、
口臭の発生源となりやすい歯間を含め、そのほぼ全体が
バイオフィルムというものでおおわれています。

バイオフィルムとは、よく、お風呂場などにある「ぬめり」の
ようなもので、口内で細菌類が集合して出来た、
細胞の膜です。そして、ネバネバした物質です。

このバイオフィルムは、
口内のあらゆる場所をすみかとしています。

そして、その状態のままで、うがい薬やうがい液を使用しても、
バイオフィルムに邪魔され、有効成分が歯の表面や、
口内の粘膜や舌苔の表面まで届かないのです。

そして、このバイオフィルムの内、歯に付着してしまった
歯垢バイオフィルムは、自分ではなかなか取れません
歯科医院などで、きちんととってもらう必要があります。

バイオフィルムは、それほど、しつこいものなのです。

このような理由で、うがい薬やうがい液は、あらかじめ、
口内の、このバイオフィルムを取り除いてからでないと、
口臭の原因となっている部分には届きません。

うがい薬やうがい液を使い始める前には、歯科医院などで、
歯垢バイオフィルムをきちんととってもらいましょう。

また、日常には、うがいをする前に歯磨きや舌掃除で、
口内のバイオフィルムの除去をしてから
うがいを行うようにする必要があります。

そのようにすれば、うがい薬やうがい液の効果が、
最大限に引き出せるはずです。

口臭は、うがい薬やうがい液だけでは消せませんが、きちんと、
バイオフィルムの除去をしながら使用すれば、
口臭を抑える効果が格段にアップします。
🙄

【楽天市場】口臭予防グッズ
ランキング1位『ナタデウォッシュ』

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: