107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭をケアする方法はどうすれば良いのですか?

ケア
  『口臭をケアする方法はどうすれば良いのでしょうか?』と、
  よく問い合わせがあります。すぐに、
  対策商品を紹介しがちですが、
  違いますよ!まずは、原因をよく考えてからですよ!

口臭のケア

口臭のケアを考える時、まず、一番に考えてほしい事が、
あなたの口臭の原因です。

ちまたには、いろいろな口臭ケア商品がありますが、
あなたの口臭の原因によっては相性が悪い物や、
やっても効かないものや反対に悪影響をあたえるものもあります。

それと、まずは、基本的な口臭予防の対策を行ったうえで、
口臭ケアを行わないと効果は上がりません。

つまり口臭をケアする方法は、

あなたが、まず 1・自分の口臭の原因を知って、
それに対する 2・基本的な口臭予防対策を行ったうえで、
さらに、自分の口臭の 3・原因に適した注意や用心を行う事です。

基本的な口臭予防対策を行った上に、
追加で、さらに注意や用心を行わなければいけない訳は、
基本的な口臭予防対策だけでは、口臭を抑えきれない事が多いからです。

その理由は、口臭が起こる要因には、
心理面やストレスや、個人的な特徴までが関係してくるためです。
そして、どうしても抑えきれない口臭が発生する事もあるからです。

例えば、女性特有の口臭とか、ニンニクを食べた後の口臭とか、
上がり症の方の、緊張した時の口臭とかが、それに当たります。

基本的な口臭予防対策を補助するためや、
これらのどうしようもない口臭もケアしなければいけません。
そのような意味合いからも、

2・基本的な口臭予防対策を補助するためと、
3・自分の口臭の原因に適した注意や用心を行うために、
いろいろな対策商品があるのです。

では、今から、
1・自分の口臭の原因を知る。
2・基本的な口臭予防対策を行う。
3・自分に適した注意や用心を行う。

について、簡単に説明しますね。

自分の口臭の原因を知る。

まずは、あなたの口臭の原因を調べなければいけません。
口臭の原因については以下の種類があります。
ある大学病院の研究資料で、割合も載っていましたので書きますね。

口臭で診療を受けた人の内の、原因別の割合
自臭症(口臭恐怖症含む)約34%
生理的口臭       約33%
口腔由来の病的口臭   約32%
全身由来の病的口臭   約 1%
————————————————–
   合  計       100%

各々の口臭の原因の意味については、
口臭症の国際分類の説明を見てくださいね。

尚、上記は、口臭に悩みを持ち、
きちんと病院に訪れて、
口臭に対する診療を受けられた方の中の割合です。

そして、これらの口臭の原因を、
ケアする重要性の高い順に言うと、

1・全身由来の病的口臭 約 1%
2・口腔由来の病的口臭 約32%
3・生理的口臭 約33%
4・自臭症 約34%(口臭恐怖症の方は重要性は高くなる。)

の順番になります。

上位のものほど、より生命に関係し、
健康に取っては重要です。

そして、上位の原因をクリアしなければ、
いくら下位の原因の口臭ケアを行っても、
効果はある程度までしか上がりません。

例えば、全身由来の病的口臭をケアしなければ、
それ以下のケアをいくら行っても、
ある一定までしか効果は上がりません。

しかし、だからと言って、
下位の口臭ケアが不要というわけではありませんよ。
原則、すべての口臭の原因に対するケアが必用です。

まず、あなたについていえば、
生理的口臭は必ずあります
これは、誰にでもあるものです。

あとは、
全身由来の病的口臭(耳鼻咽喉科と内科で診断)と、
口腔由来の病的口臭(歯科医や口臭外来で診断)ですね。

これらは、それぞれの診療科に行き、
口臭に悩んでいるので、それぞれの診療科で、
病気が無いか診てほしいと言えば診察してもらえます。

最後に、自臭症については、
カウンセリングのある口臭外来や、心療内科、精神科などで、
口臭に悩んでいるので、診てほしいと言えば診察してもらえます。

あなたは、まず、これらの中から、
自分の口臭の原因がどれなのかを調べなければいけません。

ちなみに、私が若いころは、私の口臭の原因は、

1番大きな原因は、生理的口臭
2番目に大きな原因は、口腔由来の病的口臭(虫歯)
3番目の原因は自臭症(自分の口臭に過敏に反応するタイプ)

の3つが複合したものでした。

つまり、私はその頃は、この3つの種類の、
口臭ケアを同時に行ってました。

あなたは如何でしょうか?

基本的な口臭予防対策を行う。

あなたが、自分の口臭の原因を把握したら、
まずは、基本的な口臭予防対策を行う必要があります。

原因毎の、基本的な口臭予防対策を説明しますね。

1・全身由来の病的口臭の場合

当然ですが、あなたが内臓などに病気を抱えていた場合は、
その治療を行うことが、基本的な口臭予防対策になります。

案外、口臭の原因となる病気は多いものです。
耳鼻咽喉科や循環器科、呼吸器科、消化器科などでの、
病気の治療を行ってください。

治療中の口臭予防対策については、
担当のお医者さんに聞けば、
相談にのってもらえます。

2・口腔由来の病的口臭の場合

歯医者さんや、口臭外来などの口臭専門病院での、
口臭の原因となる病気の治療になります。

口臭の原因となる病気では、
歯周病が非常に多いと思いますが、
虫歯などもありますね。

治療中の口臭予防対策については、
担当のお医者さんに聞けば、
相談にのってもらえます。

3・生理的口臭の場合

生理的口臭の基本的な口臭予防対策を行います。

歯磨き・舌磨き・フロスなどで、口内を清潔にするケアが必要です。
また、さらさらの唾液がたっぷりと有るように注意してくださいね。
そして、重要なのが、ストレスをためない事ですね。

4・自臭症

カウンセリングのある口臭外来や、心療内科、精神科などでの、
対策となります。一人で悩んでしまわない事が重要ですね。

この場合、他人は全く臭いを感じないのに、
本人が口臭を感じる場合を想定しがちですが、

私の場合は、ほんの少しの臭いを、
強い臭いと感じていました。
そのような過敏な反応も対象とするべきですね。

あなたは、ご自分の対応する、
口臭の原因の種類全部に対して、
このような基本的な口臭予防対策をする必要があります。

ひとつでも、対応をおろそかにすれば、
効果は半減してしまいます。

自分に適した注意や用心を行う。

いままでのの基本的な口臭予防対策を始めたうえで、
さらに、自分に適した注意や用心を行う必要があります。

それは、それぞれの種類の、
基本的な口臭予防対策をするための補助として役に立つものや、
または、それ以上に口臭のケアを考える場合に役に立つものですね。

基本的な口臭予防対策だけで、
口臭が抑えられれば良いのですが、
なかなか難しい事なのです。

それでは、口臭ケアのグッヅやプログラムなどを
選ぶ際に参考にしてほしい考え方を紹介します。

1・全身由来の病的口臭の場合

内臓の病気などであれば、治療中も口臭は発生します。
お医者さんも、口臭を抑える方法を指導してはくれますが、
殆どは、満足できないレベルです。

そのような場合には、口臭のマスキング的な用法で、
ガムや飴やスプレー、フリスク、ブレスケアなどを、
使用するのも良いでしょう。

また、マスクをしたり、病気に合った漢方療法や、
漢方薬の利用も良いと思います。

ただし、飲食タイプのものや、漢方薬などについては、
担当医に相談してからにしましょうね。

また、マスキング的に口臭より強い臭いなどで、
おおい消そうとする場合には、臭いの相性に注意しましょう。
相性が悪い臭いだと、悪臭が増幅しますのでね。

2・口腔由来の病的口臭の場合

この場合も、全身由来の病的口臭と同じような状況です。
治療中も口臭が発生している事が多いです。

歯医者さんは内科の先生より、
口臭について詳しい事が多いので、
良いアドバイスをもらえるかもしれません。

マスキング的にガムや飴やスプレー、フリスク、
使用するのも良いでしょう。ブレスケアなどを、
使用するのも良いでしょう。

また、歯周病や虫歯の場合、
かなり強い口臭が出る場合が多いので、
そのような場合は臭いの組み合わせなどに細心の注意が必用です。

3・生理的口臭の場合

生理的口臭のケアについては、
基本的な口臭予防対を手助けするものから、
口臭をマスキングするものやプログラムまで多種多様です。

口内を清潔にするケアを手助けするものとしては、
電動歯ブラシ、口臭対策用歯磨き粉、うがい液、舌クリーナ、
糸ようじ、口臭チェッカー、歯垢染出し液・・・などがあります。

口臭をマスキングするものとしては、飴、ガム、グミ、ブレスケア、
フリスク・・・などがあります。

体質改善には、漢方薬、サプリ、医薬品・・・などがあります。

ストレス・精神面よりのケアなどには、口臭改善プログラム、
情報提供サービス・・・などがあります。

生理的口臭については、その要因が多岐にわたるため、
ケア商品やサービスが非常に多いです。
経済的で自分に合ったものを探す必要がありますね。

4・自臭症

自臭症や口臭恐怖症については、
カウンセリングが効果的と言われていますが、
本人が自信をつける事も対応策の一つとなっています。

ストレス・精神面よりのケアという意味合いで、口臭改善プログラム、
情報提供サービス・・・などが有効な事があります。

口臭をケアする時には、このように考えて、
あなたに合った方法で、
口臭のケアーを行いましょう。

気を付けてほしいのは、あくまで、口臭は、
悩まれている人、本人が納得できる方法で解消されるのが一番です。

そして、
本人が自分の口臭のレベルに安心し、
臭いが、他人の気にならない程度ならokなのです。

そのためには、基本的な口臭予防対策を行った上で、
自分の好みに合う、ストレスのない方法で、
口臭ケアを続けるのが良いと思います。

私は、良くお医者さんに、
「このくらいな口臭は大丈夫、フリスクなんか舐めても意味ないよ!」、
と言われました。

先生、違うんですよ、先生から見ればそうでも、
私には気になるんですよ。

フリスクや口臭改善プログラムで私が満足して、
安心感と自信を持ててるんですから、
それはそれでいいじゃないですか。

最後に、
かなり内容の多い口臭ケアの説明を行いまましたが、
これは、私が一番悩んでいた頃にやった、全部の事です。

あなたに、これを全部しなさいと言うものではありませんよ。
解ってほしかったのは、口臭ケアはこのように考えてすべきですよ!
という事です。

あと、注意してほしいのは、案外、お医者さんは、
なかなか口臭を深刻に受け止めてくれません
自分がそんなに気にしてないからなのでしょうね。

時折、熱心で良い先生もいますが、
あまり期待せずに相談した方が良いですね。

口臭ケアで、時折、高価な商品を使って満足している人がいます。
口臭改善プログラムに参加している人もいます。私もそうでした。
同じ悩みがあったものとして言います。『いいじゃないですか!』
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: