107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭はお年寄りのほうが強いのでしょうか?

お年寄り
  お年寄りになると、口臭が大きくなるのは、
  みなさんご存知ですね。
  では、なぜ、口臭が大きくなるのでしょうか。
  口臭を抑える良い方法は無いのでしょうか。

口臭とお年寄り

お年寄りの口臭については、今では大きな問題になってきています。
それは、高齢化社会になり、要介護者というような名称があるように、
家族以外の方のお世話になる事が増えてきたためです。

誰かに介護をお願いしようとした場合、
あなたに強い口臭があると、
ちょっとハンデを受ける様な事も起こりかねません。

お世話をする方も、口臭が強い方のお世話はしにくいものです。
そうなると、強い口臭が有るだけで、
充分な介護が受けられない可能性もあるのです。

今回は、自分がお年寄りになった場合を想定して、
今後、気を付けなければいけない事や、
覚えておかなければいけない事をまとめてみようと思います。

お年寄りは、なぜ口臭が大きくなるのでしょうか

あなたも私も、年齢を重ねれば、
体中に口臭の原因を抱えることになります。

例えば、口臭の最大原因である、生理的口臭について考えれば、
高齢化に伴う、唾液の分泌量の減少や、
唾液自体の浄化能力の低下などがマイナス要因になります。

次に病的口臭の内、口腔内が原因のものについては、
虫歯や歯周病になっている可能性が高いことに加えて、
入れ歯や、ブリッジなどによる口臭も増えます。

そして、病的口臭の内、全身由来の病気については、
耳鼻咽喉系疾患や呼吸器系の疾患、消化器系の疾患など、
高齢のため、何らかの病気を抱える可能性が大きいでしょう。

このような理由により、お年寄りになれば、
どうしても、何かしらの口臭が発生してしまうのです。

そして、このような原因をいくつもかかえていることが、
お年寄の、口臭が大きくなる原因なのです。

お年寄りの口臭を抑えるよい方法は無いのでしょうか。

全身由来や口腔由来の病的口臭については、
通院などで直すしかしょうがないのですが、
生理的口臭については努力が出来ます。

もし、自分がお年寄りになった場合でも、
この生理的口臭のケアーについては、
十分に行っていきたいと考えています。

では、お年寄りになった場合、どのように、
口臭のケアーをしてゆけば、良いのでしょうか。

もし、私だったらと考えて書いてみます。

1・まず、全身由来の病気がある場合、
定期的に、病院へ治療に行きます。

行くたびに、先生に、口臭が無いかも確認してもらい、
もし、口臭があるようなら、治し方を相談します。

2・2~3ヶ月に1回は、歯医者さんにも行きます。
口内の清浄などをやってもらいます。

ここでも、、先生に、口臭が無いかも確認してもらい、
もし、口臭があるようなら、治し方を相談します。

3・もう、全部入れ歯かもしれませんが、
毎日、歯磨きはキチンとします。
入れ歯であれば、洗浄になるのでしょうか。

4・今も持っていますが、ブレスチェッカーと、
エチケットチェッカーは、手放しませんね。
(両方とも、簡易口臭測定器です。)

5・他にも、まめな水分補給を行ったり、心配な時には、
口臭スプレーなども携帯します。
特に、唾液には注意しますね。

唾液が減って、口内がネバネバしてきたら、
すぐに、お茶などで水分補給をします。

これらの事に気を付けますね。

私は、お年寄りになっても、
あのじいさん、いやな臭いがしないな~と、
思われたいのです。

多分、孫なども出来るのでしょうが、
口臭が強いと、たった一度で孫に嫌われると、
聞いたことがあります。

そんなことにならないよう、
気を付けたいです。

口臭が無いと、介護を受ける際や、家族と話す際も、
いろいろな事が、なにかとやりやすいような気がします。
お互い、コミュニケーションを取りやすい気がしますね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: