107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭の原因が胃の場合の対策はどうするのですか?

胃

よく、「胃が悪いから口臭がある」という話を聞きます。でも、口臭と胃には、関係があるのでしょうか?

そして、胃が悪い場合、口臭と関係があるなら、口臭の為には、どのような対策をとれば良いのでしょうか。

ちょっと、調べてみましょう。

まずは、
口臭と胃の関係について考えてみます。

すると、西洋医学的には、

胃の中の臭いが口臭になって、
口から出てくる事は無い!
という事になっています。

これは、食道と胃の間にある、
胃の消化液の逆流を防ぐための、
フタである噴門部が、

普段は、括約筋という筋肉で
閉じられているからです。

この噴門部は、食事中か、
ゲップの時くらいしか、
開きませんから、

胃から口へ向けての
空気の流れは起きません。、

つまり、胃からの臭いが
口まで来ることは無い
という事です。

この説明だと、胃が悪くても、
口臭には関係ないという事になりますね。

しかし、東洋医学的には、
口臭と胃の状態は
関係がある
とされています。

簡単に説明すると、
胃と舌は同じ消化器官である事から、

お互いの状態が相手にも影響を与える、
と考えられています。

胃の調子が悪くなると、
それが舌にも影響を与え、
舌の調子もおかしくなります。

そして、口内が乾いたり、
唾液の分泌が減ったりします。

そうなると、口内の乾燥や
唾液の減少は口臭の大敵
です。

サラサラの新鮮な唾液であれば、
高い口臭の除去能力があるのですが、
乾燥したネバネバの唾液は全く反対です。

唾液中の嫌気性菌が、
口臭の元の臭いを作り始めます

そして、
口臭が発生するという仕組みです。

西洋医学とは違う観点で、
その関係性を説明しています。

このような事から、
西洋医学的には、胃が悪くても、
口臭には関係ないと考えられているので、

当然、「胃に対する対策も無い
という事になります。

そして、東洋医学的には、
胃が悪いと、口臭に関係するので、

それを治すために、
胃に対する対策が有る
という事になるのです。

胃が原因で口臭が発生するしくみを東洋医学で説明

現実的には、胃の悪い人には、
口臭の出ている人が、
多いというのではないでしょうか。

私も胃が悪くて口臭が出ていましたので、
個人的には、そう確信しています。

でも、医学的に説明がつかないのは
納得出来ません。

西洋医学では、
胃と口臭は関係ないとされているのです。

でも、東洋医学では、
その関係を説明してくれていました。

ちなみに、西洋医学とは、
病気を対象とし、部分的な対処療法で、
病気を治そうというものですね。

東洋医学とは、患者そのものを対象とし、
体質改善しながら、
病気を治そうというものですね。

では、胃が悪いと、
口臭にも関係するという説明を、
東洋医学の立場でしてみます。

漢方では口臭の原因の多くは、
胃の熱(胃熱)によるものと
考えられています。

そして、その胃熱が発生する原因を、
このように説明しています。

甘い物や、脂の多い物、香辛料などの
 強いものを食べ過ぎる
事。
お酒の飲み過ぎなど。
・その他、胃に負荷を与えるような
 食事
をする事。

また、漢方では、ストレスなどで、
上半身が熱っぽくなるとされていて、

それも、
胃に熱を加える原因とされています。

漢方では、このような原因で発生する、
胃熱を除けば、ほとんどの口臭は改善する
と考えているのです。

そして、漢方薬により、そ
の治療を行ってゆきます。
その方法についても説明しますね。

胃熱を取る漢方薬について

漢方にあまり詳しくないので、
ちょっとここからは、
専門書の内容の羅列です。

実際には、
漢方の薬餌(やくじ)資格を持っている、
治療院に相談してみてくださいね。

では、胃熱を取る漢方薬を説明します。

●便秘がある場合は、
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
 や、
三黄潟心湯(さんおうしゃしんとう)
 が良いそうです。

●便秘が無く漢方で言う熱証
 (熱っぽさ)が強い場合には、
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
 が良いそうですが、

 日頃から胃が弱い人は、
 量を控えた方が良いそうです。

●脾虚(ひきょ)体質の人は、
健脾薬(けんひがん)
 を服用すると、
 口臭が改善することが多いそうです。

●また、漢方で言う湿熱(しつねつ)
 がある場合は、
平胃散(へいいさん)が良いそうです。

●ストレスがたまりやすく漢方で言う、
 肝鬱化火(かんうつかか)があれば、
加味逍遥散(かみしょうようさん)
 が良いそうです。

●漢方で言う熱証がひどく、
 口渇や舌苔の乾燥があって、
 唾液不足が併発している場合などには、
白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)
 が良いそうです。

このように、漢方では、
いろいろな対処法があるようですが、
どれも聞きなれない言葉ですね。

漢字も難しくて、
ほとんど意味不明
です。

でも、私のように、胃が弱く、
口臭が気になっている者にとっては、
とても重要な情報です。

あなたも、胃が弱くて、
しかも口臭で困っているようでしたら、

漢方に頼ってみるのも、
良い事だと思います。

体質から改善してゆきながら、
胃を治して、
口臭の対策をしてゆきましょう・・・

みたいな感じになりますね。

漢方で体質改善を行う場合には、
漢方の薬餌(やくじ)資格を持っている、
治療院に相談するのが良いですね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: