107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

蓄膿症が原因の口臭とはどういったものですか?

蓄膿症
  口臭には様々な原因がありますが。
  蓄膿症が原因の口臭とはいったい
  どういったものなのでしょうか?
  少し調べてみましょう。

まず蓄膿症(副鼻腔炎)とは鼻の炎症によって、
鼻の奥にある副鼻腔に溜まった膿が排出されにくくなり、
それにより鼻水鼻づまり等になる症状ですね。

いつも声が鼻声のようになって、重症の方であれば、
頭痛がしたり、頭がボーっとしたりして、
かなりつらい症状がありますね。

症状には、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の2種類があります。
急性副鼻腔炎であれば、溜まった鼻水を吸引したり、
薬を飲んだりすれば、短期間で完治する事が多いですね。

でも、慢性副鼻腔炎であれば、治療は長期化しますね。
治療には保存療法と手術療法があり、保存療法には、抗生物質などによる
薬物療法と、副鼻腔内のケアーをする局所療法があります。

そして、手術療法は、読んで字のごとく、内視鏡下鼻内副鼻腔手術などの
手術により、副鼻腔内の痛んだ部分の粘膜を除去する手術ですね。
慢性副鼻腔炎であれば、1年間~2年間~という長い期間の治療が必要ですね。

いずれにしても、蓄膿症は辛い病気です。
そして、この蓄膿症が原因で、口臭がすごく発生し易くなるんですよね。
その原因は、大きく分けて、次の3つの原因によりますね。

・口呼吸によるドライマウス的状態の発生
・唾液の発生量の減少
・蓄膿による膿の臭い

それぞれを説明しますね。

口臭と蓄膿症(副鼻腔炎)の関係

口呼吸によるドライマウス的状態の発生

まず、蓄膿症になると、どうしても口呼吸が増えます。
これは鼻が詰まっているからしょうがない事ですね。
でも、このせいで、口内が乾いてしまいます。

そして、ドライマウスのような状態が発生してしまいます。
口臭にとってはこのような状態が一番不利ですね。口内が渇くと、
口臭の発生する嫌気性の反応が進みやすくなり、口臭が発生しますね。

唾液の発生量の減少

次に、これも口呼吸が原因となり唾液量の減少が起こります。
その上に唾液の発生量も減少します。口臭を防ぐために最も需要なのは、
新鮮な唾液ですよね。唾液は口臭の元を浄化する作用があるんですね。

これも口臭には、致命傷ですね。唾液がねばねばになってきて、
浄化能力を失い、反対に臭い成分の細菌の温床になって、
口臭が発生しますね。

蓄膿による膿の臭い

最後に、蓄膿により副鼻腔に溜まった膿が口内に出てきたりもします。
また、副鼻腔から鼻の中へも出てきます。この膿から
強い臭いが出るようになる事も多いんですね。

慢性副鼻腔炎の方は、特に臭いが強いという話もあります。
この膿が口腔内にずっと溜まっている状態になると。
息をするたびに強い口臭が発生する事になりますね。

以上の大きく3つの理由により、蓄膿症になると、高い確率で
口臭が発生するようになります。病院で出来るだけ早く治療を
する必要があるのは当然ですが、まずは、口臭を抑えたいですよね。

そのためには、
・出来るだけ口呼吸を抑え、鼻呼吸をして、口内の乾燥を抑える。
・唾液腺のマッサージや、ガムを咬んだりして唾液の発生量を増やす。
・出来るだけ膿を出すように鼻をかむなどする。

のような事が必要ですね。

そして、大急ぎで治療を始めましょう。その時に、担当のお医者さんに、
口臭について、すごく悩んでいる事をはっきりと使えましょう。
そうすれば、それに合った方法で治療をすすめてくれますよ。

蓄膿症は放っておくと大変な事になります。
口臭も心配でしょうが、まず治療に専念しましょうね。
😥

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: