107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭と口のねばつきはドライマウスが原因でしょうか?

ねばつき
  あなたは、口の中がねばつきで気持ちが悪く思ったり、
  しゃべりにくく思ったりしたことがありませんか。
  そうであれば、あなたは、いつからか。
  ドライマウスになっているのかもしれません

ドライマウスはレッキとした病気です。臭いというのは、
単なる症状のひとつです。ほかにもいろいろな弊害があります。
小さなお子さんであれば、早めに対処しないと問題が大きくなります。

それは、口腔内がいつも渇いていると、すごく免疫性が低いからです。

口臭やねばつきの主な原因はドライマウス

どうも最近、口がねばついて口臭がしているみたいだ。
そう思って夜も眠れない日々を過ごしているなら、
何とか解消したいものですね。

しかも、口臭と同時に、
口の中のねばつきが気になっているなら、
ドライマウスが原因かもしれません。

ドライマウスとは、
医学的には口腔乾燥症と呼ばれているものです。

口の中は、通常であれば唾液が分泌されており、
それによってうるおっているものです。

平均的には、
1日につき1.5リットルの唾液が分泌されています。

それによって細菌の繁殖を抑える抗菌作用や、
食物の消化を助ける消化作用などがあります。

さらには口内の内側を構成する、
粘膜に潤いを与え、また、
その粘膜を保護するなどの効果を発揮しています。

ドライマウス

その唾液が何かの理由で減少してしまうのが、
ドライマウスという症状です。

本来なら充分な量が出るはずの唾液が出ないため、
口腔内を清潔にしたり、殺菌するような効果に対して、
口腔内の状況が支障をきたすことになります。

水分の摂取不足で口の中が乾いてしまうケースであれば、
水分補給を定期的に意識して行なえば解消されます。
それは普通、ドライマウスとはいいません。

ドライマウスは、
体内の水分量が十分あるのにもかかわらず、
唾液として分泌されない症状をいいます。

ですから水分を単純に摂取しただけでは、
改善することはありません。

口臭がねばねばになるドライマウスの原因

ドライマウスともなれば何らかの原因があるはずです。
唾液は唾液腺から分泌されるのですが、
その唾液腺が機能を果たせなくなっている可能性があります。

唾液腺が機能しなくなってくる理由としては、
シェーグレン症候群が原因である場合があげられます。

また、放射線治療を行なっているときなどは、
その副作用として出てくるケースもあります。

さらに糖尿病からきている場合や、
加齢によって、身体機能が低下してきたことから、
ドライマウスが起きていることもあります。

また、唾液腺の分泌が低下する、
別の大きな要素としては、自律神経の問題があります。
それは、唾液腺は自律神経がコントロールしているからです。

ストレスや心身症、脳血管障害、手術の後遺症などでも、
自律神経のコントロールが乱れることがあるのです。

また、自律神経から唾液腺への、
神経伝達がうまくいかなくて、
唾液が分泌されていかないこともあります。

さらに、薬物の副作用ストレス
糖尿病などが原因になることがあります。

いずれにしても唾液が減少し始めると、
サラサラしていた口内が、ねばついてきて乾燥し始めるのです。

唾液によって抑えられていた、
バクテリアの繁殖運動がが勢力を増し始め、
そこから発生するガスが口臭となって漂い始めることになるのです。

口臭ねばつきのドライマウス対策

ドライマウスであれば、
疾患として歯科や口腔内科・外科などで治療をしてもらえます。
最近では、ドライマウス研究会の認定医制度もあります。
きちんと、病院で治療を受けるのが、やはり、治療への一番近道です。

ちなみに、ことらが、ドライマウス研究会です。
この中に、認定医の紹介ページもあります。
ドライマウス研究会

ドライマウスになると口内乾燥が起きて、
粘膜が損傷を受けることがあります。

それを防ぐためには、
保湿剤を使ってうるおいを補給するのが、
効果的な場合が多いです。

そして、対策のひとつとしてあげられるのが、
保湿剤の使用です。保湿剤は、スプレータイプと、
ジェルタイプが用意されています。

また、ドライマウス対策としては、
うがい薬(洗口液)を使う方法もあります。

うがい薬はよく風邪対策としても使われますが、
殺菌作用があるので、唾液減少による、
殺菌効果減少を補う効果があるのです。

さらに、ドライマウス対策としては、
口腔機能訓練法も行なわれています。

下を突きだして上下左右に動かしたり、
内側から頬を押したりして、舌
の運動機能を高めていきます。

また、唇や頬の運動機能を高める機能訓練も効果があります。
どちらも、唾液腺を刺激することで、
唾液の分泌向上を目指して行なうのです。

もちろん、ドライマウスが、糖尿病やストレスからも、
来ているようであれば、対症療法とともに、
根本的な原因となる病気の治療も必要になるでしょう。

ドライマウスは、軽い病気のように思われていますが、
小さな子供や年配の方の場合には、口内にばい菌がすごく定着しやすく、
さまざまな病気を引き起こす大きな原因となっていますね。

あなたも、ご自分を含め、お子さんや、祖父母の方が、
口内のねばつきで困っている場合には、おおきな病気になる前に、
出来るだけ早い段階で、治療を始める事をお勧めします。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: