107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

お菓子を食べるのも口臭の原因になりますか?

お菓子
  お菓子の大好きな人が、
  口臭について悩んでいることがよくあります。
  何故お菓子を食べると口臭は起こるのでしょうか。
  そして、どうすれば、それは防げるのでしょうか。

口臭とお菓子

小さな子供から大人まで、お菓子好きな人は多いものです。
でも、お菓子が好きな人の多くが口臭に悩まされています。
あなたも、そうではありませんか?

口臭の中で一番多い原因の生理的口臭について言うと、
実は、お菓子を食べる度に、口内では、
生理的口臭を生産する準備が出来上がってしまうのです。

そして、お菓子を食べる間隔が短ければ短いほど危険です。
あなたの口内では、口臭が製造され始めています。
では、何故、お菓子を食べる事が口臭につながるのか説明します。

そして、それを防ぐための方法についても説明します。

お菓子を食べると口臭が発生する仕組み

口内は歯を酸から守るためや、
口内で腐敗などが起こらないようにするため、
弱アルカリ性になっています。

弱アルカリ性であれば、口内が清浄に保たれ、
歯の石灰質も守られるのです。

しかし、何かを食べると、
食べたものを消化しなければいけません。
消化とは、食べた物を分解して体内に取り込む作業です。

その為には酸が必用ですので、
何かを食べると、口内も酸性になるのです。

つまり、お菓子を食べる度に、口内は酸性に傾きます。
酸性になると活発になるのが口内にある嫌気性菌です。
この菌は、酸性になると食べかすなどと反応し、口臭を作ります。

また、口内が酸性になると、歯の石灰質を溶かし始めます。
そして虫歯の原因を作ります。

このように何かを食べる事自体が、口内を酸性にして、
口臭が起こる状況を作るのです。

あと、お菓子には砂糖や小麦粉などの微粒子が多く入っています。
それらは、嫌気性菌の良いエサとなり、
舌苔などにたくさん付着します。

お菓子を食べると、このように、
嫌気性菌のエサと、働く環境を同時に与えてしますうのです。
しかも、虫歯を作るのを助けてしまうのです。

お菓子を食べたときの口臭を抑える方法

当然、お菓子を食べるのをやめるのが一番良いのですが、
それもなかなか難しい事だと思います。
特に子供であればなおさらです。

ただ、だらだらと、いつまでもお菓子を食べているようなのは、
口臭にとっても、歯にとっても最悪です。

せめて、おやつの時間などを決めて、
その時間に食べるようにしたいですね。

あと、お菓子を食べた後、口内をきれいにすることも大切です。
効果的なのは、お菓子を食べる時、
水を用意して置く事です

お菓子を食べ終わったら、水を口に含んで、
下の表面を口内の天井でゴシゴシしましょう。

その後、歯磨き粉を付けないで歯をブラッシングして、
舌苔も優しく掃除しておきましょう。

そのような癖をつけておけば、
いつも口臭に悩まされるような事は減ると思います。

お菓子が好きな人に、食べるのを止めるようには、
なかなか言いにくいですね。

でも、もしあなたの子供の口臭が気になる場合は、
このような原因かもしれません。

あなたの子供には、きちんとしつけをして、
大人になっても困らないようにしてあげたいものですね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: