107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭がゴムのような臭いがする原因は何でしょうか?

ゴム
  口臭が、ゴムのような臭いのする人がいると聞きます。
  でも、ゴムというイメージは人間と重なりにくいですね。
  ゴムも有機物ではありますが、人間の細胞にも、
  同じような成分があるのでしょうか。

ゴムと人間は、ちょっと交わりそうにないのですが、
ゴムのような臭いの口臭は報告されています。
その口臭は、吐息から出る呼気性臭気と呼ばれています。

ゴムのような口臭の原因物質は、イソプレンやエタンです。

口臭がゴムのような臭いがする理由

口臭にはさまざまな臭いの種類があります。
そして、口臭の原因も、その臭い毎にいくつか考えられます。
場合によっては、重大な病気が原因の場合もあります。

ゴムのような口臭が出るという情報を調べてみると、
それは、病気が原因で起こる口臭の中に実例がありました。

そして、臭いの種類としては、
ガス臭い・ゴム臭い」という種類に入っています。
たしかに、どちらも似たような臭いではあります。

そして、このゴムの臭いの成分は、イソプレンエタンです。
この2つの臭い成分は、生理的口臭のように、
口腔内で作られる臭気(ガス)ではありません。

どちらの臭気も、呼吸性の臭気として出てくるもので、
肺からの吐息として、臭いが口から出てきます。

このような口臭は、いくら口内ケアをしても効果がありません。
肺から出てくる臭気自体を止める必要があります。
つまり、原因となっている病気を治療しないと、治まらないのです。

口臭がゴムのような臭いとなる病気

ゴム臭い原因のガスとしては、上で挙げたように、
イソプレンとエタンがありますが、
それぞれ、原因となる病気は異なります。

イソプレンは、人体でも生成される一般的な炭化水素ですが、
コレステロール代謝の異常などが原因で、吐息として排出されます。
症状や病名としては、老化・肥満です。

エタンは、炭化水素ガスですが、
体内でビタミンEとセレンという物質が極度に減ると、
不飽和脂肪酸が参加されて発生します。

そして、作られたエタンが吐息として排出されますが、
その時の症状や病名としては、冷え性・生理不順などです。

また、エタンについては、赤血球溶血現象なども原因となり、
吐息として排出されますが、症状や病名としては、
貧血・泌尿器疾患などがあります。

また、ゴムが燃えたような口臭がある場合には、
肺カビなどが原因とされている、
肺真菌症(アスペルギルス・アスペルギローマ)の可能性もあります。

私は、医師ではないのではっきりとは解りませんが、
調べた限りでは、口臭がゴムのような臭いがする場合、
重い病気である可能性が十分にあると感じました。

あなたが、口臭がゴムのような臭いがすると言われた場合には、
まずは、早めに、病院で診察を受けることをお勧めします。
多少、大げさかもしれませんが、勘違いであれば安心できます。

口臭がゴムの臭いがするというような、変わった臭いの場合には、
まずは、早めに病院で診察してもらう事をお勧めします。
口臭は、健康のための優秀なバロメーターなんです。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: