107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭とおならの臭いは何か関係があるのでしょうか?

おなら
  あなたは、おならのような臭いの口臭が出るという話を、
  聞かれたことがありますか。
  まさか!と思われるかもしれませんが、本当にあるんです。
  このおならのような臭いの口臭の原因は主に腸です。

おならの出来方には、主に3通りの出来方があります。
その内の1つでは、強い臭い成分のガスが多く作られます。
そして、おならのガスの約15%は肺からの吐息として出てくるのです。

その仕組みについて、もう少し詳しく説明してみます。

おならと口臭の関係の説明

おならと口臭には大きな関係があります。
それは、腸で発生したガスの約15%は腸で吸収され、
肺のガス交換により、吐息として出てくる事が解っているからです。

ちなみに、吐息は、口の中の臭いと、
肺からの吐息である息の臭いが混じったものです。

一般的に「ハー」と息を吐いたとき、
最初の方に出るのが口の中の臭いで、
終わりの方に出るのが肺からの吐息です。

この肺からの吐息が、おならと大きく関係しているのです。

少し、おならについて、説明してみます。
まず、おならについては、その内の約60%~70%は、
口で吸い込んだ空気です。

腸内で微生物などにより作られるガスは、残る30%~40%です。
そして、そのガスの内、おならの臭い成分となる、
強い臭いを持つ臭気ガスの量は、おなら全体の1%程度です。

一般的には、人は1日に、1~2リットルのおならを出します。
そして、おならの回数は、5~20回/1日とされています。
おならの回数が多いのは、腸が健康であるということでもあります。

おならの臭いに最も影響を与えるのは食事です。
食べたり飲んだりしたものによって、その臭いが決まります。
そして、ストレスなどによる精神状態なども影響を与えます。

これは、食べたものの種類により、消化時に発生するガスが違う事と、
ストレスなどは、腸の消化作用のバランスを狂わせて、便秘や下痢など
を引き起こしたりして、臭い成分のガスなどを多く発生させるからです。

このようにしてできた、おならの臭いを持つ腸内のガスは、
おならとして排出されるものもありますが、消化した栄養分と一緒に、
血液中にも溶け込んで、肺まで運ばれ、ガス交換で吐息となるのです。

ちなみに、血液中には、おならの臭気成分以外にも、ありとあらゆる
臓器から分泌された、臭い成分のある代謝産物が含まれています。
1部は肝臓で分解されますが、これらの臭気ガスが吐息となります。

以上が、肺からの吐息がおならと大きく関係している理由です。
おならと同じ臭気成分は、腸癖から血液に取り込まれ、
肺まで運ばれて、ガス交換で、おならと同じ臭いの吐息となるのです。

おならの臭い成分の出来方

おならができる仕組みには、大きく3つのものがあります。
それは、

・口から飲み込んだ空気
・炭酸飲料を飲んだ場合
・食物の分解ガス

です。
そして、このうち、口から飲み込んだ空気が、
おならの成分の内、約60%以上を占めています。

ですから、単純におならのガスの量を減らそうとする場合には、
まずは、口から飲み込む空気の量と、炭酸飲料を飲む量を減らせば、
おならが発生する量自体が減ることになります。

しかし、この2つについては、発生するガス成分には、
ほとんど臭いはありません。その理由は
これらのガスの元となるのは、空気と、二酸化炭素だからです。

この2つのガスは、ほとんど無臭です。

口臭を考える場合に問題となるのは、食物の分解ガスです。
このガスの中に、強い臭気成分を出すものがあるのです。
では、食物の分解ガスにより作られるおならのガスを考えてみます。

食物の分解ガスにより作られるおならが作られるパターンは、
大きく、下の3つになります。

炭水化物系の食品消化で発生するガス

芋や豆、小麦などの炭水化物が腸内の細菌で消化分解されると、
二酸化炭素やメタンなどのガスが発生します。
しかし、これらはさほど臭くないガスです。

タンパク質系の食品消化で発生するガス

肉や卵、魚などのタンパク質系が腸内の細菌で消化分解されると、
アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、そして、
揮発性アミン等
のガスが発生します。

これらは、その殆どが強烈な臭いの成分です。
タンパク質系の食品が多いと、臭いオナラとなります。

脂肪系の食品消化で発生するガス

脂肪系の食品が腸内の細菌で消化分解されると、
揮発性の脂肪酸になります。
これは汗のニオイと似た臭いとなります。

これまでで解るのは、臭いオナラになるのは、
腸内で主にタンパク質系の食品が、
腸内の細菌で消化分解される場合です。

ここで、タンパク質系の食品が、
腸内の細菌で消化分解されやすい状況について考えてみます。

当然、タンパク質系の食品を摂る量を減らせば、
その分解量も減ると考えられますが、しかし、健康のためには、
バランスよくタンパク質系の食品も摂る必要があります。

上の3種類の食品をバランスよく摂った上で、おならの臭いの元となる、
アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミン等の
ガスが多く発生する場合には、その理由があります。

それは、「悪玉菌」が増える場合です。実際には、
炭水化物は、主にビフィズス菌等の善玉菌が分解し、タンパク質や
脂肪は、主にウエルシュ菌等の悪玉菌が分解するのです。

つまり、おならの臭い成分が多く出来るのは、
タンパク質系の食事や脂肪系の食事の増加により、
腸内の「悪玉菌」が増えた場合です。

腸内がこのような状態になると、
悪臭成分の多いおならが腸内に溜まり
その成分は、血液で肺に運ばれ、吐息となるのです。

ここまでの説明が、口臭とおならの臭いの関係です。
腸内の環境を整え、おならの内の臭い成分の発生を抑えるのは、
口臭を抑えるのに効果的です。

また、ストレスなども精神的な問題も、
腸内の環境を悪化させる引き金となりますので、
十分な注意が必要です。

腸内の環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やしたり、
食物繊維を多く取ったり、消臭作用のある成分を含む食物を
多く摂るのが効果的ですね。おならには十分注意しましょう。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: