107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭が生臭い原因は何でしょうか?

生臭い

よく、生臭い口臭で悩まれている人がいます。何の特徴もないような表現なのですが、原因は何でしょうか?

生臭い口臭の場合には、主に生理的口臭の場合が多いようです。その場合の対処方法を考えてみます。

生理的口臭を抑える方法は、
口内のケアが中心
になります。

しかし、それだけでは不十分で、
他にもやらなければならない事が、
いくつかあります。

ここでは、それらの方法も紹介します。

また、他に可能性のある原因についても
少し説明します。

生臭い口臭の原因と、その臭いの発生するしくみ

生臭い口臭について考えると、
その原因は主に、生理的口臭である
可能性が大きいと考えます。

それは、生臭いと言う表現を、
そのまま受けとると、

何か、
食品が腐敗した臭い
であると思えるからです。

生理的口臭も、
唾液中の嫌気性菌などによる腐敗反応で、
臭いがつくられています。

同じ腐敗反応なので、
生理的口臭も、
生臭いと言う表現が当てはまります。

このように考えて、生臭い臭いは、
生理的口臭の可能性が高いと
考えたのです。

この生理的口臭については、
その臭いの生産のしくみが、
既に解っています。

まず、臭いの元となるのは、
食事カスや、食品の分子
口内の粘膜のはがれたものなどです。

そして、臭いを作るのは、
唾液中にある嫌気性菌という、

酸素が無い状態で活発に働く菌や、
一部の酵素などです。

臭いが作られる場所は、
主に舌の舌苔と言われる、
舌の表面で、

舌の中心部から
奥の方にかけた部分です。

この部分で、腐敗反応などが起こり、
口臭が発生するのです。

この舌苔ではいつも、
少しずつ腐敗反応が進んでいます

いくら口内をきれいにしても、
臭いの元となるものは、
全部無くなることは有りません。

また、嫌気性菌や酵素も、
必ずそこにあるので、
少しずつ臭いは作られ続けるのです。

そして、この反応に、
大きく関係するのが、唾液です。

口内が渇いたり、
唾液が減ったりすると、
唾液中の酸素が少なくなります。

そうすると、嫌気性菌が
さらに活発に働き出し、
臭いを盛んに作り始めます。

唾液の性状が、
酸素の無いネバネバの状態になると、
臭いの出来るペースが加速するのです。

これが、
生理的口臭が盛んに発生する
しくみです。

生臭い口臭を抑える方法

この生理的口臭を抑えるためには、
臭いの元となる物質を減らし、

臭いを作る嫌気性菌や
酵素が活発に活動できないような
状況を作る
必要があります。

また、
主に臭いを作る場所となる舌苔も、
細菌などが過度に生息しないよう。

また食事カスや、粘膜の
はがれたものなどが溜まらないように
する必要があります。

そして、何よりも、
唾液中の酸素が少なくなって

嫌気性菌などが、
活発に働かないように
しておく必要があります。

それには、
いつも酸素をいっぱい含み
新鮮でサラサラの唾液

口内に、いっぱいあるように
しておく必要があります。

これらを行うために必要なのは、
下の項目です。

1.歯磨きなどを行い
歯間や歯垢をきちんと掃除する。

臭いの元になる食事カスや食品の分子、
口内の粘膜のはがれたもの、

歯垢などが、歯間や歯周ポケットなどに
溜まらないように、
 
ちんと丁寧な歯磨きや、
フロスなどをする事が必用。

2.舌苔に過度に臭いの元が
溜まらないように掃除する。

生理的口臭の起こりやすい人は、
舌苔の状態が悪い人も多いです。

定期的にやさしく舌掃除などを行うよう、
舌苔のケアも必要です。

3.唾液の分泌・量・質が悪くならないようにする。

いつも新鮮でサラサラの唾液が
口内にいっぱいあれば、
 
唾液は、臭いを消臭し、
口内を浄化する高い能力をもっています。
 
しかし、その唾液がネバネバで
口内に少ししかない状態になると、
その性質は一変します。

いきなり臭いを生産する嫌気性菌の、
温床になるのです。

いつも口内が、サラサラ唾液で
溢れている必要があります。

これらの事に十分に注意すれば、
生理的口臭を抑える事が出来ます。

しかし、生臭い口臭の主な原因は、
生理的口臭ですが、

ほかの要因も少しではありますが
関係してきます。

それは、

4.腸など消化器官の調子を整え、
余計なガスが発生しないようにする。

腸などの消化器官が不調な場合は、
腸内などで発生した
臭い成分のあるガスが、

消化器官の壁より吸収され、
血液中に溶け込んで
血管で肺まで送られます。

そのガスは、肺のガス交換で、
呼気として口臭が出ます。

そのようなことにならないよう、
腸内環境を整え、便秘などに
ならないようにする注意が必用です。

たまに、このようなガスが
生臭くなるような場合もあります。

5.ストレスなどを
溜めこまないようにする。

ストレスなどで
自律神経系が疲れている場合は、

交感神経が高まり、口臭を発生しやすい、
ネバネバの唾液を
分泌する事が知られています。

また、反対に口臭を消す働きのある、
新鮮でサラサラな唾液の、
分泌を減らす事もわかっています。

ストレスを溜めないように
注意が必用です。

ネバネバの唾液は、
含まれる酸素も少なく、

嫌気性菌を活発にしますので
注意が必用です。

6.健康状態に注意する。

まれにですが、内臓などの病気が原因で、
生臭い口臭になる場合もあります。
健康状態にも注意が必用です。

などです。

生臭い口臭の主な原因は、
生理的口臭であろうと考えられますが、

口臭の原因は、
いくつもの原因が重なった場合が多いです。

一つずつ原因を解消していって、
口臭を抑えるように
努力する必要があります。

生臭い口臭の場合、
生理的口臭だけが主な原因であれば、

口内と唾液のケアを行えば
かなり臭いを抑える事が出来ます。
がんばって、きれいな息を目指しましょう。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: