107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭はどのような成分が臭いの元なのですか?

成分
  口臭には、いろいろな臭いがあります。
  では、どのような種類があるのでしょうか?
  臭いができるしくみや、
  いろいろな臭いの成分について調べてみます

口臭は、どの臭いも、何かのガスが原因で起こっています。
口臭=何か?のガス、なのです。
では、口臭の種類毎にどのような成分のガスがあるのでしょう

今回は、口臭となるガスの成分について調べてみます。

口臭とガスの成分

臭いがするという事は、そこに、
何か、臭いを持った成分の揮発性のガスが存在するという事です。
なにもガスが無ければ臭いは発生しません。

それらのガスの、
いろいろな成分について簡単に説明します。

ガスの成分の分け方は、口臭の国際分類にならい、

1・一過性の口臭
2・生理的口臭
3・口腔由来の病的口臭
4・全身由来の病的口臭

に分けてみます。

1・一過性の口臭の成分

いくつかありますが、代表的なもので、
ニンニク臭を挙げてみます。

ニンニク臭

ニンニクを食べた後に発生する口臭ですね。
その臭いは、ずばり『ニンニク臭』という表現をされます。
この口臭の元となるガスの主な成分は、

・セレニウム化合物
・アリル化合物
 (アリルメチルサルファイド、ジメチルサルファイド
  、アセトン)

などです。

2・生理的口臭の成分

生理的口臭の主な原因は、
口腔内の嫌気性菌の腐敗作用によるガスの発生や、
一部の酵素によるものです。

これらにより発生する主なガス成分は、
VSC(揮発性硫黄化合物)であることが解っています。
そのVSC(揮発性硫黄化合物)は以下の3種類です。

硫化水素

生理的口臭の60%程度以上をしめるガスです。
その臭いは『腐卵臭』という表現をされます。

メチルメルカプタン

生理的口臭の30%程度をしめるガスです。
その臭いは『腐ったたまねぎのにおい』という表現をされます。
(他に、生臭い、魚や野菜が腐ったような臭いなどの表現もあります。)

ジメチルサルファイド

生理的口臭内にわずかに存在するガスです。
その臭いは『キャベツが腐った臭い』という表現をされます。
(他に、生ゴミのような臭いという表現もあります。)

3・口腔由来の病的口臭の成分

口腔由来の病的口臭とは、
口の中の病気に原因がある場合の口臭です。
その代表選手が歯周病です。

この歯周病になった時の主なガス成分は、
生理的口臭と同じ成分です。

生理的口臭で発生する、VSC自体が、
歯周病を引き起こす引き金になるとも言われていて、
丁度、その構成比率が変わったのが歯周病による口臭です。

歯周病により構成比率が変わる訳は、
歯周病菌により、VSCの内のメチルメルカプタンの生産が、
極端に増えるからです。

歯周病になった時のVSCの構成比率は、
下のように変わります。

硫化水素

歯周病による口臭の20%程度以上をしめるガスです。

メチルメルカプタン

歯周病による口臭の70%程度をしめるガスです。

ジメチルサルファイド

歯周病による口臭の内にわずかに存在するガスですが、
生理的口臭の時よりは量が増えます。

4・全身由来の病的口臭の成分

全身由来の病的口臭とは、口内以外の体の部分について、
何らかの病気が発生したことにより起こる口臭です。

あなたが、この全身由来の病的口臭について考える場合、
口臭の臭い成分については、今から説明する、
原因となるガスの成分のみという事は少ないです。

そのほとんどが、
先に述べたVSCと混じった臭いになります。

それは、
生理的口臭や歯周病などによる口腔由来の病的口臭が、
全く無い事が少ないからです。

そのため、全身由来の病的口臭のガスの成分は、
今から説明する病気毎のガスの成分と、今までに説明した、
VSCのガスの成分と混じったものになるのが一般的です。

ただ、全身由来の病気については種類も多いので、
今回は、

・肝硬変などの肝疾患
・糖尿病や肥満などの内分泌疾患
・トリメチルアミン尿症

の3つについて説明しますね。

尚、全身由来の病的口臭のガスの成分は、
そのほとんどが、肺よりの吐息として排出されます。

肝硬変などの肝疾患

肝臓や肝門脈(消化器官と肝臓をつなぐ血管)などの、
機能低下等により、本来であれば肝臓で処理されなければならない、
体にとっては有害となるアンモニアが血液中に溶け出してしまいます。

そして、そのアンモニアが、
肺よりの吐息として排出されます。

その臭いは、『アンモニア臭』です。
この口臭の元となるガスの主な成分は、

・アンモニア

です。

糖尿病や肥満などの内分泌疾患

糖尿病や肥満などが原因で糖質の代謝に異常があると、
肝臓から、ケトン体という、ヒドロキシ酪酸、アセト酢酸、
アセトンの3種類の物質が作られます。

この内、アセトンは最終代謝物なので、
エネルギーに変換できないため、血液中に溶け出してしまいます。

そして、そのアセトンが、
肺よりの吐息として排出されます。

その臭いは、『ケトン臭』と呼ばれます。
(ダイエット臭などとも言われ、リンゴの腐ったような臭いとか、
 バナナの腐ったような臭いなどの表現もあります。)

この口臭の元となるガスの主な成分は、

・アセトン

です。

トリメチルアミン尿症

トリメチルアミン尿症は、
染色体の劣性遺伝により起こる、遺伝性の病気です。

人は、食事をすると、必須養分などである、
コリン、レシチン、カルニチン等を消化により取り込みます。
そして、それらから、トリメチルアミンが生産されます。

ふつうであれば、トリメチルアミンは、
代謝されて分解されるのですが、この病気になると、
トリメチルアミンが、肝臓でうまく代謝されません。

そのために、血液中に溶け出してしまいます。
トリメチルアミンは、魚に良く似た臭いを持っています。
そして、肺よりの吐息として排出されます。

その臭いは、『魚臭』と呼ばれます。

この口臭の元となるガスの主な成分は、

・トリメチルアミン

です。

一過性の口臭や、生理的な口臭、そして、
口腔由来の口臭である歯周病程度までであれば、
想像もつきやすいですが、全身由来の病的口臭は怖いですね。

出来るだけ、全身由来の病的口臭には早期に気付きたいものです。
そう考えると。気になる口臭の有る人には、
どうにかして伝えてあげるほうが良いのでしょうね。
🙄

トリメチルアミン尿症の、もう少し詳しい情報は、こちらをどうぞ、
(魚臭症)魚のような臭いがする魚臭症とは何ですか?

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: