107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭のメカニズムを教えてもらえますか?

メカニズム
  口臭はどのようなメカニズムで、発生するのでしょうか
  口臭は、ひとつの原因だけでなく様々な原因があります。
  その原因は、飲食物や口の中だけが原因ではありません。
  では、どういったメカニズムから口臭が起こるのでしょうか。

誰にでも発生する生理的口臭は、その多くが口の中で発生します。
口内の口腔内細菌や食べ物の残りかすなどが影響するのです。
また、虫歯や歯周病も口臭の大きな原因となります。

他にも体調不良などにも、口臭を起こすメカニズムがあるのです。

口の中が原因となる口臭のメカニズム

特に気になるような口臭がない人でも、
口の中には口腔内細菌が存在しています。

これらの細菌が口の中に残った食物や細胞や、
口内で剥離した粘膜などを分解するときに、
口臭が発生するのです。

普段は唾液により細菌の量が適量に保たれていますが、
起床時や空腹時には唾液の分泌量が減少するため、
細菌が増殖して口臭を起こすというメカニズムがあるのです。

歯が原因となる口臭のメカニズム

口の中で発生する口臭はこれだけではありません。
虫歯になると、歯は穴の空いた状態になってしまいます。
ここに食べ物が詰まると、細菌が繁殖して臭いを発します。

また、歯と歯の間には食べカスが詰まりやすく、また、
歯垢なども出来やすく、口臭や虫歯の元となります。

デンタルフロスを使っている人は、
一度取れた歯垢の臭いをかげばわかるでしょう。

このメカニズムを理解して、歯間には十分注意して、
歯磨きやフロスを念入りに行うことが大切です。

また、歯と歯茎の間に歯垢が溜まると、
細菌によって歯肉が炎症を起こします。

この歯肉炎の状態になると、細菌の増殖のために、
悪臭のガスが発生して口臭になるのです。

さらに悪化すると、などもが出てきて悪臭となります。
このように歯茎が原因の口臭は虫歯のような痛みがないため、
進行具合がわかりにくいのです。

このようなメカニズムは、いずれも、
口の中に歯垢を残しておいた事が最初の原因となります。
口臭を引き起こさないために、まず歯磨きが大切になってくるのです。

体調に関連した口臭のメカニズム

口臭に影響を与える病気はいくつも存在します。
しかし、病気までいかなくても体調がよくない場合などでも、
口臭につながるメカニズムはたくさん存在するのです。

例えば、便秘になると腸内に悪玉菌が繁殖してしまいます。
そのような場合、おならの臭いが強くなるのですが、
おならとしてだけ、出てくるのではありません。

悪玉菌の働きにより、腸の中で、
口臭に繋がるガスを発生させているのです。

腸と口は直接繋がっていませんが、
悪臭ガスは腸壁から吸収されて血液に溶け込みます。

血液に溶け込んだガスはやがて肺にたどりつき、
吐息となって吐かれてしまうのです。
血液から肺へ悪臭が運び込まれるメカニズムは覚えておきましょう。

体調不調による口臭のメカニズム

風邪を引いて熱があると、免疫力が低下します。
免疫力が低下すると口腔内の細菌が増加して、
口臭が発生してしまいます。

また、熱によりをかくと、体内の水分が減少します。
体内の水分が足りないと唾液の分泌量が減ってしまうため、
このような場合も、口臭が出やすくなるメカニズムに乗ってしまいます。

このように体調が悪いと、健康なときには気づかないような、
様々な要因で口臭が発生します。

完全に防ぐことは難しいですが、
規則正しい生活を心がけて体調不良を防ぐ努力をしましょう。
健康がなによりの対策となるのです。

その他の原因による口臭のメカニズム

口内や体調というわかりやすいメカニズムだけで口臭は発生しません。
間接的な、どう結びつくのかわかりにくいような、
口臭の原因もあるのです。

例えばストレスも大きな要因です。
ストレスを感じると、唾液の分泌量が減少するため、
口内の細菌が増加します。

症状が悪化して、ストレスが原因となる、
ドライマウスを引き起こすとさらに問題です。

口臭を弱めるメカニズムにおいて、
重大な役割をもつ唾液の分泌量が常に減るので、
口臭が弱まるタイミングがないのです。

口呼吸や薬が原因のドライマウスなら、治療を行い、
原因を取り除くことでドライマウスもなくなります。

ですが、ストレスからくるドライマウスは、
なかなか治りにくいという問題があるのです。

このように様々な要因が口内環境に結びつき、
口臭にいたるメカニズムを作り上げているのです。

口臭のメカニズムを考える場合、その原因に強く影響しているのが唾液です。
唾液は誰でもがもっている生理的口臭を抑える強い効果を持つ反面、
唾液の量が減ると、反対に臭いを出すようになってしまうのです。
🙄

唾液の分泌量を確保する事は、
口臭を抑える強いメカニズムになります。

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: