107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭には、内臓が原因のものもあるのでしょうか?

内臓
  口臭には、いろいろな原因があります。
  その中には、内臓が原因の口臭もあるのでしょうか
  そうであれば、どのような仕組みで発生して、
  どのような口臭になるのでしょうか。

内臓が原因になる口臭については、消化器官である腸などが不調の
場合に起こる口臭や、内臓の病気が原因で起こる口臭が有ります。
例えば、肝臓などが悪いと、アンモニア臭の口臭がしたりします。

内臓が原因で起こる口臭は、対応が難しいですね。

内臓が原因で起こる口臭

内臓が原因で起こる口臭には、その多くは、
消化器官である腸などが不調の場合に起こる口臭と、
内臓の病気が原因で起こる口臭が有ります。

どちらの口臭も、肺からの吐息として出てくるので、
根本的に原因を解消しなければ、対処が難しい口臭です。

では、今から、
それぞれの口臭が発生する仕組みについて
説明してみます。

内臓の内、消化器官である腸などの不調で起こる口臭

消化器官である腸などの不調で起こる口臭は、
例えば、便秘が続いているような状態とか、
腸内で消化物が腐敗したような場合に起こります。

どちらも、腸内の状態が悪かったり、
腸内で悪性菌が繁殖したり、疲労が溜まっていたり、
ストレスが多い事なども、その原因になります。

腸内がこのような状態になると、
腸内に溜まった消化物が、悪玉菌などの働きで腐敗を始めます。
すると、その過程で、悪臭成分であるガスを生産します。

この、ガスについては、腸が正常な状態でも、発酵作用などで
多少は発生しており、その成分にはアンモニアやインドール、
アミン類などがあります。これらも臭い成分です。

腸内の状態が悪くなると、これら通常のガスの発生量も、
増加傾向になるのに加え、それ以上に
腸の不調による悪臭成分のガスが発生するのです。

これらの悪臭成分を持ったガスは、消化した栄養分を、
肝臓へ送る門脈や、腸周辺の血管を流れている血液に、
吸収されて溶け込みます。

その内、肝臓に向かった物は、一部は分解され、
無臭になるものもありますが、量が多くなると、
処理しきれず、肝臓を流れる血管内の血液に溶け込みます。

そして、さきほどの、腸周辺の血管を流れている血液に、
吸収されて溶け込んだ悪臭成分のあるガスと、
肝臓を流れる血管内の血液に溶け込んだガスは肺に運ばれます。

肺に運ばれると、肺のガス交換機能で、新鮮な空気と引き換えに、
それらの悪臭成分のガスは、吐息として排出されるのです。
そして、これが、腸などの不調で起こる口臭となるのです。

腸などの消化器官が健康な状態であれば、
余分な悪臭成分のガスの発生も少なく、
臭い成分も、ほとんど肝臓で処理されます。

しかし、腸などの消化器官が不調となり、
多量の悪臭成分が発生するようになると、
その一部分が、口臭として表れるのです。

内臓の病気が原因で起こる口臭

内臓の病気が原因でも口臭は発生します。
これには、大きく2つの原因があります。

その1つは、肝臓が病気などによりその機能が低下した場合です。
そして、もう一つは、内臓の内、いずれかの臓器の病気により、
その臓器内で悪臭成分が作られる場合です。

この、2つの原因は複雑に絡み合っています。
それは、肝臓自体が、そのような悪臭成分を分解するなどして、
無害化して、体外へ排出する機能を持っているからです。

つまり、体内で作られた臭い成分は、それが正常な活動で、
作られたものにせよ、臓器の病気が原因で作られてものにせよ、
肝臓が正常に機能すれば、体外へ排出される仕組みがあるのです。

しかし、いずれかの臓器が病気になり、
肝臓で処理できるより以上の臭い成分を生産したり、
肝臓の正常な機能が低下したりするとそうでなくなります。

腸の不調の場合と同じように、
肝臓を流れる血管内の血液に臭い成分のガスが溶け込みます。
そして、溶け込んだガスはに運ばれます。

すると、肺のガス交換機能で、新鮮な空気と引き換えに、
それらの悪臭成分のガスは、吐息として排出されるのです。
これが、口臭となるのです。

このような仕組みで、内臓が病気の場合の口臭が発生します。
つまり、肝臓の状態と、他の内臓の臓器の病気の状態や、
その病気により生産される臭い成分が複雑に関わっているのです。

その臭いの例としては、

・肝臓の代謝系の病気の場合には、アンモニア臭
・糖尿病や肥満の場合には、アセトン臭
・魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)は、魚のような臭い

などが良く知られています。

これらの臭いは、肝臓の病気や機能低下と、
その他いくつかの臓器の、病気などによる、
臭い成分の生産などが重なったものなのです。

内臓が原因で発生する口臭は、主には、
これらのものですが、内臓に関わらない部分の病気でも、
口臭が発生する場合もあります。

内臓による口臭と混同する事もありますので、
例を挙げておきます。

それは、
呼吸器系疾患として、気管支や肺などに原因があり、
そこから直接呼気として出る口臭もあります。

また、耳鼻咽喉系疾患として、副鼻腔炎(蓄膿症)の、
鼻腔に溜まった膿による口臭などもあります。

このような、病気を原因とする口臭については、
内臓が原因の口臭と混同されがちなので、
きちんと病院で診断してもらう必要があります。

しかし、体の病気が原因の口臭は、元になる、
病気を治さないと口臭も治まらないのが一般的です。

病気が心配な場合には、まず、診察を受ける事をお勧めします。
その時に、担当医の方に、口臭を気にしている事を告げれば、
対応方法を考えてもらえると思います。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: