107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭には内臓疾患が関係しているのでしょうか?

内臓疾患
  口臭の原因はいろいろあります。
  その原因の中には、内臓疾患が関係しているものもあります
  内臓疾患が口臭の原因となる割合は数%なのですが、
  臭いの元となる内臓疾患を治さないと、その口臭は消えません。

内臓疾患が関係している口臭はとても厄介です。
それは、歯磨きや洗口液やタブレットなどのような、
口内をケアするものでは、その臭いを抑えられないからです。

内臓疾患が原因の口臭対策は、まずは、その治療がスタートです。

内臓疾患が原因でおこる口臭

内臓疾患が原因で起こる口臭には、いくつかありますが、
その中には、よく知られた口臭もあります。
その例を挙げて、説明をしてみます。

内臓疾患の中であきらかに口臭の原因となるもののうち、
その内臓疾患の臭いとして、よく知られているのは、
アセトン臭と、アンモニア臭です。

ちなみに、アセトン臭は、
よくりんごの腐ったような臭いとも言われます。
アンモニア臭は、多分、ご存じでしょう。

内臓疾患によるアセトン臭

アセトン臭になる内臓疾患としては糖尿病があります。

糖尿病は、主に膵臓(すいぞう)の機能低下などにより、
インスリンなどのホルモン不足がおこり、体内の糖分がエネルギーに、
代謝されなくなり減らないので、血液中の糖が増えすぎる病気です。

この病気になると、細胞は糖から活動するエネルギーを
得られないので、体内の脂肪を分解してエネルギーを得ようとします。
この脂肪を分解すようとする時に、肝臓から発生するのがケトン体です。

そして、このケトン体の代表なのがアセトンです。
このアセトンは、血液中に溶け込み、肺まで運ばれて、
呼吸によるガス交換で吐息として排出さえます。

この時、アセトンの臭いが口臭となるのです。
このアセトン臭は、内臓疾患である糖尿病を治療しないと、
口臭を抑えることはできません。

内臓疾患によるアンモニア臭

アンモニア臭になる内臓疾患としては、
肝臓病の肝硬変などがあります。

肝硬変は、慢性の肝障害などが原因で、
肝細胞が死滅し肝臓の機能が、
著しく低下する病気です。

肝臓は、体内の腸内や腎臓などで、生命活動により生産され、
血液中に溶け込んだ、人に有害な物質であるアンモニアを、
無害な尿素やグルタミンに分解する機能を持っています。

しかし、肝硬変になると、この機能が低下し、
肝臓で処分しきれなかったアンモニアが、
肝臓を通る血液中に溶け出します。

このアンモニアは、血流に乗り、肺まで運ばれて、
呼吸によるガス交換で吐息として排出さえます。

この時、アンモニアの臭いが口臭となるのです。
このアンモニア臭も、内臓疾患である肝臓病を治療しないと、
抑えることはできません。

このように、2つの例を挙げましたが、このほかにも、
内臓疾患が原因で、臭いの元になる成分を生産し、
そのにおい成分が血液中に溶け込む場合があります。

また、疾患に伴う消化器官などの内臓の機能低下で、
消化中の食べ物が腐敗して発生したガスが、
栄養分と一緒に吸収され、血液に溶け込む場合などもあります。

内臓疾患が原因の場合は、いずれの場合も、悪臭成分が、
血液中に溶け込むのが特徴です。そしてその悪臭成分が、
肺からの吐息として発生し、口臭となるのも特徴です。

肺からの吐息として出る、内臓疾患が原因の口臭は、
元となる疾患を治さないと、対応が困難です。
早期発見・早期治療を心がける必要があります。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: