107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭に水分は関係ありますか?

水分
  よく、体のためには水分の補給が必用だと聞きます。
  では、口臭に対してはどうなのでしょうか。
  水分と口臭の関係について、
  すこし調べてみましょう。

口臭対策をするためには、水分の補給が必要です。
水分は、口臭に対して、重要な働きをしているのです。
そのなかで、一番大きいのは、唾液中の水分となる事です。

さて、もう少し、詳しく見てみましょう。

口臭のためには、水分の補給が必用

水分の補給は、口臭に対して良い効果がたくさんあります。
その効果をいろいろと書いてみます。

まず、一番大きな効果は、唾液の水分となる事です。
唾液はその成分中の約99.5%が水分です。そして、
唾液が口内にたっぷりの状態であれば、高い消臭力を持ちます。

この、高い消臭力を持つ唾液は、新鮮で水気が多く、
酸素も多く含むサラサラの唾液である必要があります。
そのためには、体内に十分な量の水分が欠かせません。

唾液は体内にある水分の内から作られているので、
体への水分補給が必要なのです。

次に、水分の補給を行うと、口内や、胃や腸などの中で、
臭いの原因となる物質や液体を水で薄める効果があり、
原因物質の濃度を下げてくれる働きがあります。

これも、臭いが減る方向に働きます。

また、口内や、胃や腸の消化器官などにある、
臭いの元となるガスを水分の中に溶かし込み
臭いの元となるガスの量を減らす働きもあります。

そして、水分を飲むときには、口内を洗浄し、
口臭の原因と成る細菌や食べ物の分子を、
口内から洗い流してくれる働きもあります。

これらは、生理的口臭に対しては、
かなり大きな効果となります。

この他にも、運動をした時や、緊張をした時、
ストレスを感じた時などは、コップ一杯の水分が、
体や精神を落ち着かせ、リラックスさせる効果があります。

リラックス出来れば、副交感神経が活発に働き
新鮮で水気が多く、酸素も多く含むサラサラの唾液を、
唾液腺より、さらに分泌し始めます

このように、水分の補給については、口臭に対して、
良い効果を与える理由がたくさんあります。

しかし、気を付けなければいけないのは、
度を過ぎた水分の補給や、タイミングを逃した水分の補給は、
反対に、口臭に悪影響をあたえる場合がある事です。

良いタイミングで、
適量の水分の補給を行う必要があるのです。

口臭のためになる、良い水分の補給のやり方

水分の補給については、あまり度を過ぎた摂り方をすると、
口臭が悪くなるばかりではなく、体調自体を崩すこともあります
そこで、ここからは、良い水分の補給の方法についての説明をしますね。

まず、目安としては、
1日に必要な水分の補給の量は、1,500ml程度が適量です。
当然ながら、スポーツをした時などは、さらに必要ですが、
日常であれば、1日に1,500ml程度と覚えておいてください。

そして、飲み方は、1回当り250ml~300ml程度を、
数回に分けて飲むのが効果的です。

そのタイミングとしては、

・寝起き
・朝、昼、晩の3食の食前と食事中
・その他喉が渇いたとき

くらいが良いですね。
バランスを考えて、適量を、
タイミング良く飲むことがコツです。

ちなみに、人の1日の水分量の動きについて考えてみましょう。

まず、体から無くなる水分を考えると、人は1日当たり、
肺からの呼気や、皮膚からの汗、尿、大便などより、
全体で約2,100ml~2,600mlの水分が出ています

そして、体に入ってくる水分は、食べ物の水分から約800ml、
体内での代謝反応などにより約300ml程度で、
約1,100ml程度になります。

ここまでで、既に水分の不足が発生してますね、
その量が1,000ml~1,500mlなんですね。
この量を、水分の補給で補う事になるんです。

さて、水分の補給については、この補給量と、
体で必要な量との関係が大事になります。
このバランスが崩れるといろいろな問題が起こるんです。

たとえば、水毒症というものがあります。
これは、摂取量が排泄量よりも多い状態で起こります。

健康状態が良ければ、余分な水分は尿として排出されるのですが、
その機能がうまく働かないと、冷え症・めまい・頭痛・アトピー・
鼻炎・喘息・疲労感・頭重感・むくみなどが起こるとされています。

これは、漢方医学における症状なのですが、
他にも症状は出るようです。

水分過多としては、舌がボテっとしている、舌の辺縁に歯型がついている、
二重あご、お腹を手のひらで触ると冷たい、下腹ポッコリ、下半身デブ、
むくみ、大根足などもあるそうです。

このように、あまり極端に水分を摂りすぎても逆効果になります。

また、反対に水分が少ない状態は、
あなたもご存知の、脱水症状ですよね。

脱水症状の場合は、初期は発熱や口渇感を伴いにくくて、
皮膚や粘膜の乾燥も少ないため、自覚症状が少ないのが特徴です。

しかし、脱水状態が進行すると全身倦怠感や眠気がでてきて、
手足は冷たくなり、脈拍が弱くなります。
重症の場合には、生命の危険を伴う事もあるので注意が必用です。

このようなところに気を付けて適当な量の水分を
良いタイミングで水分の補給を行えば、
口内の状況は、口臭を抑える方へ傾きます。

良いタイミングで、適量の水分の補給を行い、
たくさんの新鮮なサラサラ唾液で、
キレイな息を目指しましょう。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: