107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭と細菌の関係はとても重要なのでしょうか?

細菌
  口臭には細菌が関係していることはご存じですね。
  では、その細菌は口内のどこにいるのでしょうか?
  口内の細菌と関係の強いのものは何なのでしょうか?
  ちょっと、口内細菌についてお話をします。

口臭の原因の全てが細菌のせいというのではありませんが、
口臭の内、誰でもかならず持っている生理的口臭の、
主な原因は、口内の細菌によるものです。

今回は、細菌と歯垢や歯石について少し考えてみます

細菌と歯垢・歯石の関係

口臭の原因は、臭いの強い食べ物や、口の乾き、歯周病、
歯垢、タバコ、内臓疾患、舌苔など、さまざまですが、
口臭の強い人は口の中の細菌が、主な原因であるといわれています。

人間には誰でも口の中に細菌を持っています。

この細菌は通常、唾液によって洗い流されて、
口の中の環境を整えるのに必要な数だけ、
口内に存在するようになっています。

それが、何らかの原因によって唾液の量が減少して、
口の中が渇いた状態になってしまうと、
細菌のバランスが取れなくなり増殖してしまいます。

細菌が増殖すると、食べ物のカスなどをエサにして、
それらを分解して、歯垢を作り出します。

歯垢や歯石と細菌の深い関係

歯垢はプラークとも呼ばれ、最近ではこの歯垢のケアをして、
口の中を衛生的に保つ「プラーク・コントロール」という言葉も、
一般的になってきました。

プラークはネバネバした細菌で、
歯や歯茎に苔のようにしっかりこびりついてしまいます。

食べ物のカスなら簡単なブラッシングで取り去ることができますが、
ブラークはこびりついている上に、歯ブラシで磨きにくい場所に、
溜まる性質があるため、なかなか取ることができません。

前歯などは唾液が循環しやすいので、プラークは溜まりにくいのですが、
奥歯の周りや歯と歯の間、歯と歯茎の境目、入れ歯や差し歯の間は、
唾液が循環しにくい場所なので、プラークが溜まりやすくなります。

プラークが溜まったままになっていると、
硬くなって石灰化して「歯石」になってしまいます。

歯石になると、歯ブラシだけでは、
なかなか取ることができなくなります。

歯垢が歯石になるまでの期間は、
個人差もあるためはっきりした時期はわかりません。

細菌が石灰化するのには約2週間かかると言われているので、
それを目安とするしかありませんが、一般的に歯医者さんでは、
半年に一度の割合で歯石を取ることをすすめています。

歯垢や歯石と口臭の関係

歯垢や歯石をそのままにしておくと、
細菌がそれをエサに分解を始めます。

この時に、ガスが発生します。
このガスが口臭となります。

また、歯垢や歯石には歯周病の原因になる細菌が含まれています。
この細菌は酸を発生させるため、歯を溶かし虫歯を作り出します。
虫歯が進行すると毒素を出して歯茎に炎症が起こります。

細菌と歯周病の関係

歯茎の炎症が進行すると歯周病になります。
歯周病になると、炎症を起こした歯と歯茎の間に隙間ができます。

これは、歯周ポケットと言われるもので、
この歯周ポケットにさらに細菌が溜まって
繁殖して炎症がすすんでいきます

歯周病は症状が進行すると、
最近が歯を支える顎の骨を溶かしていくので、
そのまま放っておくと歯がどんどん抜けていってしまいます

歯垢・歯石・歯周病の予防

歯垢を予防するためには、歯磨きをするのが一番です。
特に、歯と歯茎の境目に歯ブラシの毛先が当たるようにして、
45℃の角度にして磨きます。

この時、歯ブラシは大きくスライドさせないで、
5mm程度を細かく行ったり来たりさせると効果的です。

また、歯磨きだけでなく、
歯間ブラシやデンタルフロスで歯ブラシの届きにくい、
歯と歯の間の汚れを取る作業も併用すると、ますます効果的です。

歯垢を取りきれずに歯石になってしまったら、
自分ではなかなか取ることができないので、
歯医者さんに行って取ってもらうようにしましょうね。

奥歯の周りや歯の裏側などは、知らず知らずのうちに、
歯石が溜まっていることがあるので、自覚症状がなくても、
3ヶ月~半年くらいの割合で歯医者さんでチェックしてもらうといいですね。

歯周病にならないためには、
適切なプラーク・コントロールと定期的な歯石除去が重要です。

プラーク・コントロールというと、歯磨きのことだと思いがちですが、
歯磨きだけではなく、口の中の細菌を管理していくことなので、
唾液の分泌の量なども自分で注意していくことが必要です。

誰もが持っている生理的口臭の原因は、その殆どが、
口内の細菌によるものです。歯磨きなどをきちんとして、
歯垢や歯石に気をつけて、口臭予防を目指してくださいね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: