107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭には女の人特有のものもあるのでしょうか?

女の人
  女の人に特有の口臭があるというのを知っていますか
  あなたが女の人であれば、十分気を付ける必要があります。
  なぜなら、なかなか他の人は言ってくれないからです。
  あなたでも、ほかの人の口臭は教えにくいでしょう。

女の人は、思春期、月経時、妊娠出産時、閉経時(更年期)などに、
口臭が強くなると言われています。その原因には、
ホルモンバランスの変化が関わっていると言われています。

事前にこのことを知っておけば、臭いを抑えることができます。

女の人が注意しなければいけない口臭

口臭の原因には、様々なものがありますが、
女の人の場合には、女性ホルモンのバランスが関係して
発生する口臭があります。

この口臭は、臭いが発生するといっても、
口臭が発生しやすくなるという程度のレベルなので、
事前に予知して、口内ケアに十分注意すれば、かなり抑えられます

気を付けなければいけないのは、
自分で臭いに気づかないからと言って
口臭に無頓着でいることです。

案外、インターネットのQ&Aなどで、多いのは、
若い女性に口臭があるのだが、デリケートな問題なので、
本人への伝え方が分からないというものです。

あなたも、知らないうちに、人の噂のまとにならないように、
思春期、月経時、妊娠出産時、閉経時(更年期)などには、
自分の口臭に十分注意して、口内ケアに努めてください。

では、このような、女の人特有の、口臭をケアする場合の、
やり方を、簡単に説明しようと思います。

女の人に特有の口臭を抑える方法

女の人の特有の口臭が起こるのは
思春期、月経時、妊娠出産時、閉経時(更年期)などです。
多きな原因は、女性ホルモンのバランスの変化だといわれています。

しかし、女性ホルモンのバランスの変化ということ以外、
実際にどのようなしくみで、口臭が発生しやすくなるのかは、
きちんとは判明していません。

ただ、このような時期に、女の人の体におこる変化より、
口臭の原因にあたるものがいくつもみつかっています。
それらに対処することが、口臭を抑える方法ですね。

では、それぞれへの原因と、対処方法を書いてゆきます。

女性ホルモンの変化による、歯肉細胞の脆弱化

女性ホルモンの影響で、歯肉細胞のライソゾームという器官が
弱くなり、炎症が起こりやすくなります。

その結果、歯肉炎や歯周病にかかりやすくなります。
この状態は、口臭の元となる臭いを産生する働きのある、
嫌気性菌の歯周病菌などが活発に働きやすい状況です。

口臭が起こりやすくなる思春期、妊娠出産時、閉経時など、
心配な時期に近づいたら歯茎のケアを
行っておく必要があります。

歯科医院に行って、歯垢・歯石の除去などを行い、
歯周ポケットのクリーニングし、歯周病菌などが
活発に働かないようにしておくのが効果的です。

また、この時期には、特に念入りに、
歯磨きや舌掃除を行うのが得策です。

女性ホルモンの変化による、体温の上昇

女性ホルモンの影響で、体温の上昇が起こる場合などがあります。
月経時、妊娠出産時などに多いと思われますが、
このようなときには、口内が渇きやすくなる傾向があります。

口内が渇くと、唾液の性質が変わり、口臭が発生しはじめます。
十分な量の水分補給を行い、口内が渇かないように、
注意しましょう。

そのような時期に、1日に摂る水の量は、
最低でも1.5ℓ~2.0ℓ程度が必要です。
手元にミネラルなどを置いて、補給しましょう。

女性ホルモンの変化による、唾液分泌量の減少

女性ホルモンの影響で、唾液の分泌量が減る場合があります。
特に、閉経時(更年期)などは要注意です。
年齢とともに、唾液の質も分泌量も減ってきます。

唾液は、新鮮でサラサラの唾液であれば、
強い消臭効果を持っています。サラサラ唾液が、
いつも口内にいっぱいあるようにしましょう。

緑茶の葉をいつも隠し持って、唾液が減ったと思ったら、
一つかみ舐めてみたり、キシリトール系の無糖ガム
舐めたりして、口内を刺激して唾液の分泌を促します。

唾液を、いつも気にしておくのは、とても効果的です。

女性ホルモンのバランスの崩れによる、体調の崩れ

女性ホルモンの変化が起こる時期には、
非常にホルモンバランスが崩れやすくなっています。

ホルモンバランスが崩れると、口内環境が悪化して、
嫌気性菌の割合が増えたり、腸内の環境が悪化して、
便秘や消化物の腐敗がおこるなど、口臭の原因が増加します。

その大きな引き金となるのはストレスです。
ストレスにより、不要な交感神経がたかぶれば、
ホルモンバランスが崩れ始めます。

女性ホルモンの変化が起こる時期には、ストレスの少ない、
リラックスした生活を送る必要があります。

このようなことに気を付けていれば、
女の人に特有の口臭はかなり抑えられます。

そして、このように口の臭いを抑えた後であれば
かすかな香り付けの、タグレットやグミはさらに、
あなたの高感度を上げますね。

いろいろお伝えしましたが、あなたに一番わかってほしいのは、
思春期、月経時、妊娠出産時、閉経時(更年期)などには、口臭が
起こりやすいので、自覚して注意しなければいけないということです。

女の人の場合、いくら見た目をきれいにしていても、
ほんのちょっとの口臭で、それらの努力が台無しになります。
口臭でも、人に好かれるあなたになってください。

女の人に限りませんが、口臭にとっては、
自分で臭いに気づいていない事が悪です。
特に女の人には、口臭美人を目指してほしいです。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: