107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

『お酒』は口臭に影響を与えます。

お酒
  お酒は、口臭に悪い影響を与えます。
  その主な原因は、アルコールのせいです。
  アルコールは口臭に対して、とても悪い影響を与えます
  特に二日酔いの日は、自分の口臭には要注意です。

お酒もほどほどなら良いのですが、二日酔いをするほど飲むと、
翌日は一日中、口臭に悩まされますね。
自分の口臭に気づいているならまだ良いです。

二日酔いで、自分の口臭に気づいてない人は最悪です。

お酒で口臭が起こる理由

お酒を飲んでも、適量であれば、さほど心配はないのですが、
飲みすぎた場合には、お酒による口臭が起こります。

その原因をいくつか挙げてみます。

・アルコールは肝臓で分解されて強い悪臭成分である、
 アセトアルデヒドになります。
 アセトアルデヒドは、強い臭いを持っています。

・アセトアルデヒドは、さらに分解されて、酢酸になります。
 酢酸も、酸っぱい臭いを持っています。

・アルコールは利尿作用や発汗作用があり、体内の水分を減らせます。
 これにより、唾液の水分も減少し、唾液がネバネバで、
 酸素が少ない状態になり、唾液中の嫌気性菌が悪臭を作り始めます。

大きくは、この3つが原因で、お酒による口臭が起こります。
特に、アセトアルデヒドや酢酸による口臭は、
肺からの吐息として出るので、抑えるのは困難です。

お酒を飲むときは、
このようにして口臭が発生することを、
知っておく必要があります。

お酒による口臭を抑える方法

お酒による口臭を抑える方法はいろいろあります。
どれも口臭を抑えるのには有効です。

でも、どの対策も、お酒を飲みすぎると、
あまり効果が無くなります。口臭が気になるのであれば、
お酒はほどほどにしておく事が大切です。

では、お酒による口臭を抑える方法をいくつか紹介します。

・お酒を飲む前であれば、お酒を分解するのを助ける食品や、
 薬などを事前に摂っておくのが効果的です。

 ウコン・ゴマ・ヨーグルト・牛乳・オクラ・山芋などを、
 食べるのが良いですよ。

 また、アセトアルデヒドを分解する効果のある胃薬や、
 ドリンク・サプリメント
を飲んでおくのも良いですね。

・お酒を飲んでいる最中であれば、チーズ・豆腐・枝豆
 ・イモ類・ブロッコリー・ピーマン・ナッツ類
などが、
 アルコールの分解に働きます。

・お酒を飲んだ後であれば、スポーツドリンクやミネラルウォーター
 ・オレンジジュース・柿・梅干
などが良いですね。

そして、お酒を飲む場合に一番に気を付けたいのは、水分補給です。
お酒を飲む前、飲んでいる最中、飲んだ後、その後寝る前、
そして翌日は、朝起きてから、一日中ミネラルを持ち歩きたいですね。

水分としては、飲んだお酒の量の2倍以上の水分を摂る必要があります。
水分不足の症状を抑えるには、そのくらいの量が必要なんです。
いつも唾液の量を気にして、口内が乾かないようにするのが大切です。

お酒を飲むときには、このような事にも注意して、
翌日、口臭で迷惑をかけないようにしたいものです。

お酒を飲んだ翌日、二日酔いの場合には、鼻が麻痺して、
なかなか自分の口臭に気づけません。
十分な注意が必要ですね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: