107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭のチェック方法その4は、歯の表面チェック

チェック方法
  口臭の調べ方(チェック方法)その4として、
  歯の汚れのチェック方法
  について詳しく説明しますね。
  歯についた歯垢も口臭の原因に関係していますのでね。

歯の汚れとしては歯垢(プラーク)が代表例ですが、
この歯垢も口臭と深い関係があります。でも、この
歯垢自体が臭いの元という発想ではないんですよね。

歯垢というのは、歯の表面に付着した
黄白色の粘着性の被膜の事をいいますね。
そして、これが石灰化すると歯石と呼ばれていますね。

実は、この歯垢自体が臭い成分を発生する脳力は低いんですね、では、
何故口臭に関係するかというと、生理的口臭に次いで口臭の発生する原因に
挙げられている歯周病を起こす大きな要因になるからなんですよね。

特に日本人の場合には口臭の原因が歯周病という事例が多いんですね。
また、歯垢が付着していると歯と歯肉の間に歯周ポケットという隙間も
出来やすく、それも口臭の発生を助長しますよね。

この歯垢が多いのも口臭を考える際に重要ですので、
そのチェック方法について説明しますね。

歯垢染め出し液やデンタルフロスを使った口臭の元の量の調べ方(チェック方法)

歯垢は歯磨きでかなり取ることが出来るので、歯石になる前に、
取るようにしたいですよね。歯石になってしますと、歯医者さんに
行かないと取れないようになりますのでね。

でも、歯垢がどこについているのかは、とても解りにくいです。
この解りにくさも、歯垢がたまる大きな原因です。そこで、
歯垢の染出し液を使います。

最近では、薬局に行けば販売してますね、歯磨きの時に、
これを使って歯垢がどこに残っているのかを確認しながら、
歯磨きを行うのが良いでしょうね。

きちんと歯を磨いた後に、歯垢染出し液でうがいをするとびっくりしますよ。
奥歯や歯の裏側が真っ赤になりますね~。これをすれば、きちんと
歯磨きをする習慣が身に付きますよね。

あと、歯磨きブラシの入らない歯間などはデンタルフロスという歯間用の
細い糸を使う方法も良いですね。それと、歯垢については歯の表面であれば、
口臭の原因にはなりにくいのですが、歯間であればちょっと話が変わってきますよ。

歯ブラシの入りにくい歯間の場合は、歯垢の溜まるのと
同じ隙間に、食事カスも溜まりやすかったり、
隙間の奥で歯茎の炎症が起きやすかったりします。

このような場所には、デンタルフロスが最適です。
得に歯と歯の間の根元の方をよく擦ってからフロスの
臭いを嗅いでみるとツーンと鼻を衝く臭いがする場合があります。

そういう部分は口臭の発生源になっていますね。このような場合、
歯ブラシに歯磨き粉を付けずに。5分程度、歯を隅々まで
磨いたら同じような臭いがハブラシからするはずです。

この場合は、一度歯医者さんに行って、歯の隅々まで
歯垢を取ってもらった方が良いと思いますね。

歯垢染出し液とデンタルフロスを使った口臭の元の量の調べ方(チェック方法)は、
歯周病にならないためにも、口臭が気になる方は定期的にやるべきでしょうね。
🙄

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: