107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll:

 



 
 

口臭を測定する最良の方法はどうでしょうか?(その2)

測定
  口臭を測定する最良の方法の説明記事の2記事目です。
  前回の記事で説明した、口臭を測定する時の6つのポイントの、
  実際にやったやり方を、ひとつずつ説明してゆきます。
  少しでも、あなたの参考になればと思います。

口臭の測定を行うときは、口臭の変化の様子をつかむようにします。
実際に測定が可能な方法として、市販の簡易測定器を使用しますが、
病院にある測定器ほど、値が正確ではありません

でも、現実的に測定に利用出来るのは、簡易測定器しかないのです。

口臭を測定する最良の方法のポイント

では、まず、私が行った、口臭を測定する方法の内、
測定器を使う部分の説明をします。
ポイントの内の1~3の部分です。

1・簡易口臭測定器は、2つ同時に使用する。(メーカーの異なるもの。)

 (値を確かなものにするため。)

私の場合は、簡易測定器を2台使用しました。

測定値については、ある程度信用できるのでしょうが、
時々、イレギュラーな値が出たりするため、
あやしい測定値もたまにあります。

また、簡易測定器のメーカーは、
どのガスの濃度を検知するのかを公表していません。
1台だけの1回のデータだけでは、判断が難しいのです。

そのような状況でも、異なるメーカーのもので、
測定を続ければ、後からデータの修正が可能です。
(修正=主におかしいデータを除く作業です。)

ちなみに私は、タニタのブレスチェッカーと、
トプランドのエチケットチェッカーを使っています。

口臭チェッカー

私の使っている機種では、いつもタニタのブレスチェッカーの方が、
トプランドのエチケットチェッカーより1~2くらい高い値を出します。
このことも、データの測定値を判断するときに使えます。

2・口臭の測定は、2台同時に行う。

2台測定器があっても、別々に測ったのでは、値が狂います。
人の呼気は、1回1回違うからです。
私は2台一緒に持っておいて、同じ息を2台一緒に測ります。

やり方は、トプランドのエチケットチェッカーはスイッチを、
押してから8秒後に測定です。そして、タニタのブレスチェッカーは、
5秒後に測定なので、この時間差を利用します。

まず、トプランドのエチケットチェッカーのスイッチを入れ、
カウント表示が8秒から→5秒になった瞬間に、タニタの
ブレスチェッカーのスイッチを入れます。

すると、その5秒後に丁度2台とも計測を開始しますので、
2台をそれぞれ両手で持って、感知部分を横並びにくっつけておいて、
そこに息を吐きかけるのです。

すると、同じ息を2台で同時に測ることが可能です。
測定値は『タニタ=2、トプランド=1』のように記録します。
これが、私のやった方法です。

私の使っている測定器には癖があり、タニタの方が、
敏感で値も高くトプランドの方が値は低めでした、
感知方法が違うせいなのか、対象のガスが違うせいなのかでしょう。

3・口臭の測定は、出来る限り、1時間に1回行う。

 (朝1番の口臭のみ、寝起きすぐに布団の中、歯磨き後の2回測る。)

測定は、出来る限り、次の頻度で行います。

日中などは、仕事中であれば、測るたびにトイレなどに行く必要もあり、
かなり面倒でしょうが、データが多いほど、
グラフにした時に、変動が良くわかります。

測定の頻度

1、朝起きてすぐ。(起床後すぐに布団の中で。)
 歯磨きなどをする前に測る。

2、朝の歯磨き後の口臭。

3、その後は、1時間おき
 たとえば、6時に起床して、朝の2回を測定したとしたら、
 その後は、7:00、8:00、9:00、10:00、11:00、~
 20:00、21:00、22:00・・・という感じです。

4、寝る前は、歯磨き後に1回測ります。

ここまでが、口臭を測定器で測る方法です。
最低でも、1週間分はデータがほしいです。

1週間分の2台の測定器の、1時間おきの
測定値のグラフを書いたら、かなり、
口臭の変動の様子が良く解るグラフになると思います。

たとえば、まずないでしょうが、いつも高い値(タニタで4~5)が出て、
時間帯も、歯磨きも、食事も何も関係がなさそうな場合、
その臭いは、気管や肺から来ている可能性が高いです。

また、何故か、歯磨きをした後が値が高いような場合もあります。
私もそのような時期がありましたが、銀歯が原因でした。

まずは、このように、頻度を上げて口臭を測定し、
臭いの強さの傾向をつかむ事が必要です。

・・・続きは次の記事で説明させて頂きます。
口臭を測定する最良の方法はどうでしょうか?(その3)
・・・この記事の前の記事です。
口臭を測定する最良の方法はどうでしょうか?(その1)

簡易の測定器の値は、測定頻度を増やせば、臭いの傾向が解ります。
臭いの強さの傾向が解れば、原因が推測できます。
次に説明する歯磨きと生活調査票があれば、さらに原因に近づけます。
🙄

タニタ ブレスチェッカー HC-212M-PK ピンク
タニタ ブレスチェッカー HC-212M-PK ピンク
その他口臭チェッカーはこちら

関連記事

107-200
歯周病でもない!虫歯もない!毎日歯も磨いている!・・・なのに、
口臭が気になるというあなたには、サプリメントをお勧めします♪
:roll:

107-200
歯周病でもない!  
虫歯もない!    
毎日歯も磨いている!
・・・なのに、    
口臭が気になるという
 あなたには、
サプリメントをお勧めします ♪ 
:roll: